鳥の巣

 鳥の巣を拾った。これでコレクションがまた増えた。
鳥の巣は前作でも詩情、哲学、宗教性を込めたモチーフ。
少しづつ世界の一部を摘んで形成していく世界、けれども
鳥の巣の本当の作り方は未だに分からない。それほど精密に
複雑に紡がれている。

そうなのだ。世界の核は未だに分からない。神がかり的だとも言えるし
未知なるものとも言える。

今回のものは、ビニールテープも巣の一部になっていた。

→本の紹介。

http://chriskyogetu.blogspot.jp/2016/07/icon-o-gprah.html

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でブログを始める.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。