ありがとうございます。

福永武彦の忘却の河のアクセス数が急上昇しています。皆様ありがとうございます。
リンク→http://chriskyogetu.blogspot.com/2018/10/blog-post_20.html

とても忘却の河は思いで深い作品なので嬉しいです。

話が変わりますが、ガブリエルシャネルの香水は冬に合うことが分かりました。
人それぞれ違うかもしれませんが、私はそうですね。

製品説明
光輝きだすようなセンセーション。シャネルの新しい香り。4代目シャネル専属調香師 オリヴィエ ポルジュは、ガブリエル シャネルからインスピレーションを得て、4つの白い花々が美しく調和した、ひとつのホワイト フラワーを誕生させました。
新しいフレグランスは、繊細なガラスに包まれたスクウェア ボトルの中を、まるでふわりと漂っているように見えます。ボトルのグラスは、フレグランスが放つ美しい光を輝かせるために、その存在を感じさせないぐらい繊細で透明です。そして、ボトルのラベルとキャップは、同じサイズのスクエアで整えられ、ゴールドとシルバーのニュアンスを持つラメのように絶妙なカラーで彩られています。最後に、ボトルはそのシルエットが象られたライナーに包まれ、温かみのあるゴールドのケースに大切に収められています。
ガブリエル シャネル。それは、自由なスピリットで運命を切り拓いていく輝きにあふれる女性のためのフレグランスです。

香り
どこまでもピュアなフローラル ノート。ホワイト フラワーの香りは、ボトルのグラスの輝きと呼応するような4つの白い花々のブーケから成るコンポジションです。それは、包み込まれるようなやさしさとエキゾチックな魅力があふれるジャスミンとグリーン&フルーティなイランイランの輝き。そして、はじけるようにフレッシュなオレンジ ブロッサムの香りの中に、極上の美しいドレスを思わせるようなグラース チュベローズが顔をのぞかせます。
これこそが、究極の白い花。輝きときらめきに満ちあふれた真のフェミニニティを体現したシャネルの花なのです。(公式ホームページから引用)

以前、ガブリエルシャネルの香水について書いています。

http://chriskyogetu.blogspot.com/2018/02/gabrielle-chanel.html

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でブログを始める.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。