InderWeltsein

InderWeltsein
世界内存在___ハイデガー

 己に忘却がある限り、内面を通して見えている景観は常に変わる。愛していた存在は消え、懐かしさも無感覚になる。私の意識の外で、忘却の住人は世界の何処かで呼吸する。生死さえ定かでないのに、私の目の前に青空が広がる。それがとても眩しい。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。