和解にも時がある

 

愛するに時があり、憎むに時があり、戦うに時があり、和解するにも時がある。コレヘトの言葉3章。
例え聞いてくれなくても、自分の魂をかけて謝罪することがある。やはり相手は聞いてくれないけれども、神を信じるということはそういう事だろう。時に委ねる、カイロス、それは神に祈ること。
謝罪は相手の魂に向けること、
見返りがなくても、心を濁さない事。

 

コメントは受け付けていません。

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。