Hans urs von Balthasar

https://www.balthasarbooks.com/

 

Hans urs von Barthasar

 

 

 神学者としてだけでなく美学も突き詰めたバルタザールは、カトリックの中でも美しき、

希少な神学者です。彼の全集を神学者の和田幹男神父様、

http://mikio.wada.catholic.ne.jp/

から頂きました。何回も分けてこの重たいセットを運んでくださいました。

私はこの感謝を忘れません。彼は旧約聖書のヨブ記の翻訳を担当した人でもあります。

(新共同訳)依頼されたので今回論文を書くことになりました。これを突き詰めながら、

私はカトリックの本来の神秘へと戻っていくこととなります。

 

バルタザールの書籍の世界は、もっとも潔い手で開くことです。

目という世界が所有している器官で、生成されるものを見つめること。

三位一体の愛の神秘の謎、私達が、父と子と聖霊と十字を切るとき、

私達は最も小さき存在になるのである。

 

心を愛で満たし、無になること、希望は深淵よりも更に深くあると意識すること。

神話は超越を私達の具体的な世界と接触させる機能を果たし、それ故に

世界の中、神の内在またはその中の一般のものを表します。

 

人間は世界を何処まで操作できるのか、

イエス・キリストのみが真実の神話であり、神が本当に

世界の中で(真の内在性)知られているかもしれないと

確信しています。

 

イエスが犠牲となった十字架の実在を込めて。

ーーーーーーーーーーーーー

神学は終わってしまったのでしょうか? 瀕死のこの学問に

息を吹き返したい。様々な困難や不正を乗り越えるために、

夢見がちになるのでなく、魂の上昇を目指して

 

 

詳細はこちらで伏せますが、今回は皆さまに支えられました。

本当にありがとうございました。

 

 

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でブログを始める.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。