なぜ 世界は存在しないのか(Spin-off)

 

なぜ 世界は存在しないのか(Spin-off

 

この本の解説が途中で止まったまま、私自身が色々病気もあったり、本の紛失など色々経て、本が漸く見つかった。マルクス・ガブリエルが何処へ向かいたいのかは既に分かっているが、私含め、これを哲学としてモノにするのは年齢的に遅いのかもしれない。

 

ですので、私も若い人に分岐点を残すことになる。

 

端的に言えば、これはドイツ神秘主義に立ち返ることになる。それはドイツ哲学の土台とも言える思想で、矛盾理論である。直線と曲線は相反する性質であるが、円となれば関連し、直径が大きくなれば円も大きくなる。直径が極力小さくなれば曲線が近くなる。これはクザーヌスが考えたもので、カトリックの三位一体、絶対に異なる性質で連なっているというものを、その当時でいえば理論的に唱えたものである。ドイツ神秘主義は新プラトン主義(プロティノス)の派生であり、エックハルト、クザーヌス、ベーメ等が代表である。そのあとに、スピノザ、ライプニッツ、ヘーゲル、ハイデガー等が影響を受けている。

(クザーヌスは哲学者の西田幾多郎が研究している)

 

哲学者は未だに、ドイツ神秘主義を超えられていない課題がある。単に、神秘という概念を使わずとして何世紀も渡って哲学として語っているだけともいえるところは否めない。唯一、神学から脱却を試みたのは公的権力のない状態、「自然状態」、ホッブスの社会契約論なのかもしれない。近年に近づくにつれ、現象学的還元によって主観と客観た一致していることの根拠は何かを突き止め、分析哲学により神を何かと考えるのではなく、神という言葉がどのような意味で使われるのかを分析すれば、神という問題が解決するのではないかという事を見出していきます。しかし神に挑むということは、結局は「信仰」も要するという落とし穴があるのです。

それは世界の在り方についても同じである。哲学的分析、考察の限界は既に

到達していると思われる。物理学や脳科学に取って変わってきているからだ。しかし、マルクスガブリエルは再度挑みたいとの試みを見せている。

 世界が存在しないという、直径が大きくなればなるほど、円という世界は存在する。著書ではここに行きたいようだったが、最後はハイデガーの未完の時間と存在の本を参考に終わる。マルケスは、一応昨年にバチカンに行ったので、やはり信仰にベクトルは向いているとは思う。しかしシモーヌ・ヴェイユが言うように、

カトリック(宗教)を哲学的に整理する必要もある。哲学も宗教も切って切り離せない関係であるとは私は捉えている。

 

ただ、存在論の行きたいところは幸福論なのかもしれないが、もう私は既に力(エネルギッシュ)は尽きている気がする。だから若い人に疑問を残すのが仕事になっている。Acadenia.eduに論文、文学としては書籍で今後も継続して残すことにしている。

 

今回はspin offなので本の解説ではありません。クザーヌス、ドイツ神秘主義、シモーヌ・ヴェイユの名前はマルクスの書籍には掲載されていません。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でブログを始める.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。