鏡花水月【Bilingual】

一人、わしの親友に、何かかねて志す……国々に伝わった面白い、また かかわった、不思議な物語を集めてみたい……君もここへ来たばかりで、ものかたりの中の人になったろう……僕はもう一層、その上を、物語、そのものになったんだ。I became the story itself.(夜叉が池:泉鏡花)

鏡月という名前は、泉鏡花にちなんだ名を付けてもらった。鏡花も鏡花水月が元になっていた。それに洗礼名のクリスがついた状態で、私の内部には幻任せにイエスがいる。

「この世を映す鏡になれ、ただし鏡のように虚構で」

そう言われて、私の魂は喜んだ。一途と言うには白々しいほど色んな人を愛して、到頭、戻れなくなった。思い返すことも出来ない程、時間が経ってしまった。

夜叉が池の主人公は物語の一部になったと「自覚」があった。皮肉や否か、

悲愴曲。それが無音となって、過去として静かに幻として返ってきた。

もう電流のような愛でも、育む愛でもない。

けれども人間が持つ慈しみである。

一瞬の閃き、すぐまた消える感情、それが想起。日常にその愛は存在しない。

何とも言えない

幻、私は幻を慈しむ。

クリスという名前はキリストを意識した。洗礼以降は、クリスという名前は私の中で

何度も意味を変えた。或る時は善、或る時は正義、或る時は愛、義、を求めた。

其処にありながら幻、人が生み出す虚構、実体に成し得ないものも、

イエスは慈しむだろう。少なくとも幻想文学、詩人はそう信じている。

いつでも神を信じている。神以上に私を見ている者はいない。

幻にしかなれない毎日へ、                                

The name Kyogetu(me) was given to me after Kyoka Izumi. Kyoka was also based on (鏡花水月) The moon reflected in the water. With my baptismal name Chris nearby, I have a vision of Jesus within myself.

“To be a mirror of the world, but fictitious like a mirror“

When I heard that, my soul was filled with joy. I was a liar when I said it was platonic. I loved so many people I couldn’t go back there. So much time has passed that I can’t even think back.

Yashagaike’s main protagonist was “aware” that he had been part of the story. Ironic or not,

Pathetically, it came back to me as a silent, silent vision of the past.

It is no longer a lightning-quick love or a nurturing love.

That is the human compassion. A flash of inspiration, a feeling that quickly disappears again, that is remembrance. That love is not present in everyday life.

It is indescribable.

An illusion, I cherish an illusion.

The name Chris became aware of Christ. After my christening, the name Chris changed its meaning in my mind over and over again. Sometimes I wanted goodness, sometimes justice, sometimes love, sometimes righteousness.

It is an illusion, A human creation, a fiction which cannot be realized. At least that’s the belief of fantasy literature and poetry.

I believe in God all the time. There are no people who watch you more than God.

The day of the phantom.

 そんな私でしたが、この度教え子の名前に鏡月の月と、鏡花水月の「花」を与えることにしました。

私の名前は漢字表記を無くして、「幻」と「洗礼名」のみになります。

私の可愛い教え子の「月花凪」です。

This is my lovely pupil, “Nagi Tukika”.

I am giving the name “月” from my name “鏡月” ,Word of “花” from my name “鏡花水月” to my pupils.

My existence will be an illusion. Thank you for your continued support.

コメントは受け付けていません。

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。