L’ Amantを想う

je suis la préférée de sa vie
私は彼の人生のお気に入り
L'histoire de ma vie n'existe pas. Ça n'existe pas. IL n'y a jamais de centre.
私の人生の物語というものは存在しない、そんなものは存在しない。物語を作るための中心なんてないのだ。
(L’amant:Marguerite Duras)

Saは所有形容詞 

ゾートロープ

 嵐が過ぎ去れば、過去形は美しくなる。愛に関する事は記憶の純化によって煩わしかったことを消してしまう。残酷な部分も、辛かったことも蒸発していく。その中でも女性の初恋は、全て蒸発してしまう可能性が高い。恐らく、河のほとりに形が転がっていることを期待するような「忘却」ですらなく、恰も存在していなかったかのように消えてしまっている。私も含めて作家にとって初恋の思い出を特に記銘しなかった事を後悔する。

デュラスのこの「愛人/ラマン」は初恋なのだろう。主人公は長らく作中では気づいていない。私の経験上、男性はよく初恋の話を覚えていると思う。私は正直、あまり覚えていない。どの時点が愛だったのか、それから思い返そうとすると頭に靄がかかる。

数年前に付き合っていた人に、初恋を尋ねられたが、私は半疑問形の語り口調が英語に混ざる。まるで自分の経験じゃないかのように、「Maybe」を連呼する。この使い方は本来、英語圏ではタブーである。自分の記憶なのにMaybe、それは変な話なのかもしれない。それでも私の記憶に関しては「Maybe」なのである。

彼は初めての恋人を鮮明に覚えていた。話を聞くだけでその女性が表れて立ってくるようだった。二人がアクアノートの香るキスをしたのまで見えてくる。私は彼から見せられるゾートロープのような残像現象を見ていた。彼の思い出は汚れを知らないように一定に動いている。

「良い思い出ですね」と返すと、「クリスも良い思い出だった?」という彼の言葉に、

「Maybe」、昔のことを何度も聞かれることに対して「Is it such a big deal?(それはそんなに重要なこと?)」と言ったときに、皿に響いたフォークの落下音を鮮明に覚えている。ここまでの流れは常に笑顔だった。けれども、思い返す言葉の流れからはまるで笑顔が無い。これが今の私の語り口調だろう。本当は笑いながら会話をしていたのに、語りだす自分は物悲しい。

帰りの地下鉄列車の中で彼の綺麗に残っている残像映像を思い返していた。彼の語る「彼女」は彼をずっと愛している、それが自分の胸を焦がしていく。嫉妬ではなく、彼の記憶の仕方に惚れたのかもしれない。この時に、マルグリット・デュラスの「愛人」を思い返した。彼女が華僑の人との初恋を覚えていた事を、それは作家としての才能なのだろうと敗北感があった。初めての相手なんてものは、恐らく女は覚えてなんかいない。*純粋自我なんてものは難しいことである。関係の仕方、機能の仕方を失い、「愛してはいけない人」と位置づけが決まってしまったら、愛していたという観念的なものの顕在化を許さなくなってくる。新しい男のために忘れ続ける。私は区切りとして忘れるしかなかった。

映画「愛人(ラマン)」より

 この作品の登場人物は名前が無い。名前を歴史に残せない人間の刹那を描いているようだった。騙されて貧困層になった少女の家族は仏領土のインドシナに住んでいた。そこで出会った年上の華僑の男性と少女は情事を過ごす。男は他の女と契約結婚が決まっていたが、男は少女に愛していると言う。しかし、少女は「お金のためだった」と彼に言う。挙式後、彼がまた来てくれると少女は「いつもの場所」で待つが彼は来なかった。彼の「支援金」のお陰で故郷に帰れる少女は、彼の車が停まっていることに気づく。出会った時と同じように彼女は手摺りに肱をつく。

少女が華僑の男を愛していたと気づいた船の上のシーンは多くの読者の心に入り込んだ。

「愛していなかったという確信がなくなった」という自覚と、少女が愛していた下の兄の死が覆いかぶさる。船で響いたショパンのワルツ第10番、ロ短調OP69‐2は少女がピアノを断念するきっかけになった曲だったが、漸く彼女の中で完走したのだろう。楽譜という完成された存在を目の当たりにしながら、指が追いつかないというものは演奏者としての終わりを知らせる。けれども、彼女は文章世界ではショパンの音楽を完成させた。読者に聞かせることに成功したのである。誰よりも、どのピアニストよりも美しく、彼女はショパンを聞かせたのである。

作中に度々登場するimage(イマージュ)という言葉、デュラスは少女時代の視線や記憶をすべてimageと表した。フランス語では、イマージュとは再現、生き写しという意味もある。作品の少女は自身の似姿ということにもなる。これは少女というimageと、著者にとっての再現のimageが同時進行として話が進んでいくが、船の柵に足をかけるシーンを映画では印象的に作られる。

人間の感傷深さと愛の探り合いと関係無く、メコン河は貿易や人を渡しながら変わらず流れていく。水は自我が無く、欲求もなく、生命を営みながら、死を誘う。メコン河は常に存在しているが、記憶というものは永遠を契約してはくれない。老いていけば忘れてしまうことだってある。想起という、その船が出発することは滅多に無い。船は実体の象徴である。少女が船の柵に肱をつく(映画では足をかける)イマージュの実体に触れた証拠だった。

デュラスが十代の頃の思い出を何故、

月日を経て書いたのか、憶測や読者の好奇心は少女の髪をなびかせる風となり、

無事、彼女は初恋の温存に成功したのである。長い船旅の成功のように。

少女にとって神の啓示は、船の上だった。

 イマージュの本質に足場は存在しない。隠れて付き合うということは、日陰の関係というものは、二人だけの断絶された世界だった。友人にも紹介せず、家族にも話さない。私は地下鉄への階段を駆け下りて、人込みを避けながら、開かれた沢山の扉を目で追っているときに、イヤホンから着信音が鳴った。「楽しかったですよ」と言われた事がどれ程嬉しかったか、群れからはぐれるかのように、足が扉から遠ざかった。ヒールで足が熱くても、ホームの壁に寄りかかりながら私は彼の返信を待っていた。「心配だから、家についたら連絡して」彼がそういうから、次の列車に乗った。

楽しかった思い出は、関係が終わると憂いた語りに変調する。

「十八歳で年老いた」と言った彼女のように。

昔の彼に語ろうとした初恋とは何だったのか、結局は女になったという話だった。男には男になったという瞬間があるのだろうか、今の今まで聞いたことがない。

私は女になった、という以外、語れることがなかった。「昔の男の話は息が詰まる」それを言えなかった。手が無自覚に緩んだのでフォークを落とした。

それだけが時々思い出される。人間同士の愛は人を殺すほどまでの傷を与えることがある。

傷を与え、与えられ、終わった後は悲しいことよりも、良い思い出に涙が溢れてくる。

物悲しい語りは、言葉以上に夢を見ているものである。

言葉という枠に囚われず、心はイマージュとなって夢を見ている。

今は悲しいだけの話だが、

いつか「愛」だったと語れることを、いつも夢見ている。

哀しい話が、愛になることを常に夢見ている。

デュラスは全てを完成したのだろう。

*純粋自我 フッサール

ポストクラシカル

マックスリヒター版のヴィヴァルディ「四季」、ヴァイオリン奏者はダニエル・ホープなのですが、私のお気に入りのLudovico Einaudiの曲もフィリップ・グラスのヴァイオリンも担当していることが後から分かりました。
ダニエル・ホープ(Daniel Hope)の演奏に使ってるヴァイオリンはよく鳴いていて、しかも近代的なアレンジがありながらも、深さがあったので種類が何なのかを調べてみました。
ダニエルが持っているヴァイオリン写真だけだと、判断基準の一つであるf字が画像だとよく分からず、大きさも彼の身体の大きさも知らないので比較しようがなかったけれど、音だけだとストラディバリウスじゃなくてガルネリウス(グアルネリウス)アマティかなと絞って調べてみたら1742年製のガルネリウスでした。 ガルネリウスはファミリーで1人がアマティの弟子。(ストラディバリウスもアマティの弟子です)実際、「ガルネリウス」というラテン語呼びだと弟子入りしたほうではなくて、その孫のバルトロメオ・ジュセッペの作品をさすときが多いです。1742年製ということは、彼の晩年の制作いうことのなります。
ストラディバリウスはハイフェッツ、メニューイン、パールマンの高音が華やかな印象が強いのですが
ハイフェッツはストラディバリウスのドルフィンを所有。但し、収録によってガリネウスも使用。メニューインもガルネリウスの時もあるので収録時期とか チェックはする。(常にじゃないけど)
[ストラディバリウスも敬虔な信者で、聖書の時代に生きたことを誇りに思っていました。ガリネウスはストラディバリウスほど恵まれた環境ではなく結婚したのにも関わらず聖者のような生活を送って、人気が出始めた頃に死んでしまいます。ガルネリウス(バルトロメオ)のヴァイオリンには全てIHS(救世主イエス)と記入されているらしいです。]
(参考:A•Wべレッド著、 ヤッシャ・ハイフェッツ) IHSに関しては実際確認してないので分かりませんが、彼は周囲からジュセッペのイエスと言われていたらしい。
ヴィヴァルディの四季なら やっぱり冬が一番好きです。
ポストクラシカルはクラシックの良さが残りつつも、現代風に聞きやすさがあったりして
好きですね。
(去年のfacebookの記事より)

酒井司教、女子パウロ会、瀬戸内寂聴からも楽しんで読んでもらえた
イコノグラフはこちらで買えます。

そういえば昨日はソフトバンクの通信回線障害困っちゃいましたね。
110番も119番も使えないとなると辛いですね、改善してほしいです。

Joseph Anton Bruckner

 Joseph Anton Bruckner,


初めて聞いたとき、この人はカトリックだなと何故か分かった。
近代に近づくにつれプロテスタント系列の作曲家が多い中、
特に宗教性を感じさせない曲調でありながらも、カトリックの
人の思考性を感じた。ブルックナーは修道院では音楽について
何も評価されなかった過去を持っている。この曲は交響的か教会的かといえば
聞けばすぐ分かるが交響的要素が強い作品である。ブルックナーは
ミサ曲など、明らかに教会曲と分かる曲も作曲しているが、
彼は、教会的な音楽は神との対話、
そして交響曲は人間との対話だと言われている。

しかし、身についた性なのか、宗派は人間と対話していても
すぐに表れてしまうのかもしれない。「栄光を」という感覚が
拭いされないのだろう。


またあなたが抱いている偽りの無い信仰を思い起こしている。
この信仰は、まずあなたの祖母ロイスとあなたの母ユニケとに
宿ったものであるが、今あなたにも宿っていると私は確信している。

こういうわけであなたに注意したい。私の按手(あんしゅ)によって
内にいただいた神の賜物を、再び燃え立たせなさい。

テモテへの手紙 第二の手紙 第一章 5節6節




vitali

「この曲は最高の一人称だ」

これ以上の感想を書こうとすると纏まらないまま何年も
過ぎてしまった。ヴァイオリンが何処かへ行こうと鳴いている
とするのなら、ピアノ(オルガン)は寄り添う無意識。

 装飾音、トリルや重音奏法、感情的に自由に動けるようで
高みを目指すために自分を制しているような音がする。

私が好きなのはオイストラフバージョンのと
定番のハイフェッツバージョンのですね。

Stabat mater

           
Stabat mater dolorosa               
iuxta Crucem lacrimosa,
dum pendebat Filius.

Cuius animam gementem,
contristatam et dolentem
pertransivit gladius.

O quam tristis et afflicta
fuit illa benedicta,
mater Unigeniti!

Quae maerebat et dolebat,
pia Mater, dum videbat
nati poenas inclyti.

Quis est homo qui non fleret,
matrem Christi si videret
in tanto supplicio?

Quis non posset contristari
Christi Matrem contemplari
dolentem cum Filio?

Pro peccatis suae gentis
vidit Iesum in tormentis,
et flagellis subditum.

Vidit suum dulcem Natum
moriendo desolatum,
dum emisit spiritum.

Eia, Mater, fons amoris
me sentire vim doloris
fac, ut tecum lugeam.

Fac, ut ardeat cor meum
in amando Christum Deum
ut sibi complaceam.

Sancta Mater, istud agas,
crucifixi fige plagas
cordi meo valide.

Tui Nati vulnerati,
tam dignati pro me pati,
poenas mecum divide.

Fac me tecum pie flere,
crucifixo condolere,
donec ego vixero.

Iuxta Crucem tecum stare,
et me tibi sociare
in planctu desidero.

Virgo virginum praeclara,
mihi iam non sis amara,
fac me tecum plangere.

Fac, ut portem Christi mortem,
passionis fac consortem,
et plagas recolere.

Fac me plagis vulnerari,
fac me Cruce inebriari,
et cruore Filii.

Flammis ne urar succensus,
per te, Virgo, sim defensus
in die iudicii.

Christe, cum sit hinc exire,
da per Matrem me venire
ad palmam victoriae.

Quando corpus morietur,
fac, ut animae donetur
paradisi gloria. Amen.

バッハも天才だと思いますが、ペルコレージのスターバト・マテルは
鬼才かな。(宗教曲の範囲では)スコアを見ても単純な構造なのに、
重厚感がある。特に数式のようなものは感じないが、長年繰り返されて
きたミサの儀式の流れを感じる。
音そのものは安定していて、人間らしさが削ぎ落とされていているが、聖母マリアの悲しみは伝わってくるところが秀逸。

悲しみの母は立っていた
十字架の傍らに、涙にくれ
御子が架けられているその間

呻き、悲しみ
歎くその魂を
剣が貫いた

ああ、なんと悲しく、打ちのめされたことか
あれほどまでに祝福された
神のひとり子の母が

そして歎き、悲しんでいた
慈悲深い御母は、その子が
罰[苦しみ]を受けるのを目にしながら

涙をこぼさないものがあるだろうか
キリストの母が、これほどまでの
責め苦の中にあるのを見て

悲しみを抱かないものがあるだろうか
キリストの母が御子とともに
歎いているのを見つめて

その民の罪のために
イエスが拷問を受け
鞭打たれるのを(御母は)見た

愛しい御子が
打ち捨てられて孤独に死に
魂へ帰っていくのを見た

さあ、御母よ、愛の泉よ
私にもあなたの強い悲しみを感じさせ
あなたと共に悲しませてください

私の心を燃やしてください
神なるキリストへの愛で、
その御心にかなうように

聖なる母よ、どうかお願いします
十字架に架けられた(御子の)傷を
私の心に深く刻みつけてください

あなたの子が傷つけられ
ありがたくも私のために苦しんでくださった
その罰[苦しみ]を私に分けてください

あなたと共にまことに涙を流し
十字架の苦しみを感じさせてください、
私の生のある限り

十字架の傍らにあなたと共に立ち
そして打ちのめされる苦しみを
あなたとともにすることを私は願います

いと清き乙女のなかの乙女よ
どうか私を退けずに
あなたとともに歎かせてください

どうかキリストの死を私に負わせ、
どうかその受難を共にさせ、
そしてその傷に思いを馳せさせてください

どうかその傷を私に負わせてください
どうか私に十字架を深く味わわせてください
そして御子の血を

怒りの火に燃やされることなきよう
あなたによって、乙女よ、守られますように
裁きの日には

キリストよ、私がこの世を去る時には
御母によって私を勝利の栄誉へ
至らしめてください

肉体が滅びる時には
どうか魂に、栄光の天国を
与えてください。アーメン

2018/02/17

It was love at first sight. At last sight. At ever and ever sight.


一目見 たときから愛していた、最後に見たときも、そしていつ見るときも、永遠に

ナボコフ「ロリータ」
香水のような描写。


恋の絶頂を表現した香水、香りで恋をどう表現したのだろうと作家として気になり、イブサンローランのモン・パリを試してみた。甘くて シャネルと違って女性を美しくするというより、空間を演出する、ムードを演出する香りだった。夜につけるのがお勧めかもしれない。イブサンローランのスモーキングジャケットがイメージのボトル。

香水は頂き物

朗報②

日本看護協会出版会の「教養と看護」という特設サイトにて「魂の世話」というテーマで連載をしています瀧本 往人様よりIcon o graphの評価を頂きました。瀧本様は哲学の講師ですので、こちらは哲学的な評価です。お忙しい中、ありがとうございました。とても感動する書評でした。

評価はこちら→

https://drive.google.com/file/d/1WzZ1Uuo1R5CAIi1hF8WX1xiCu-Pe7prI/view?usp=sharing

Icon o graph 案内はこちら→

http://chriskyogetu.blogspot.jp/2016/07/icon-o-gprah.html

お勧めの本

お勧めの本
①「フランス・オペラの美学」
オペラは昔は低俗なものだった。リュリとキノーが自分達の音楽劇を「悲劇」と呼んだところから、劇詩と比較され、貧弱さが指摘される。オペラの眠たくなるようなところも改善しそうな一冊。とても面白いので是非。
②「イマージュの肉」
見えるものと見えないもの、中心的主題である「肉」の概念を再考し、世界の現実を知覚と想像の両面で捉える(帯より)存在哲学の基礎にかえりながら、光への愛について、宗教的価値観、各々の精神世界にも問いかけてくる名著。
③「新約聖書」ギデオン協会版。
これはホテル等で無料で置かれていて、自由に持って帰ってもよい。自殺防止用とも言われるこの聖書は、確かに短く区切られていて、傷心のときにホテルの部屋で一人で読んでいると、すんなりと頭に入ってきたので凄いと思った。それで、この一冊はお勧めしたい。非常に読みやすい。
④「シャネルNo5の謎」
以前も紹介した本。(facebookのみ)私は最近、調香師に凝っていて特集を見つければ必ず読むようにしている。存在していない香りを作り出し、トップノート、ミドルノート、ラストノートとストーリーを作るかのように、移り変わる香りを生み出す彼等は天才であり、小説に映画にと駄作が増えるのに対して、香水の新作作品は、俗の世界のようで孤高の美の創作を見せつける。香りにまつわるキリスト教や、文学まで触れ、香水は贅沢品だとは言い切れないと思わせる一冊。
***ただ本を並べるのも芸がないので、イメージに合うのを載せてみました。オペラのところは、ヴェルディの「リゴレット」(原作:ビクトル・ユゴー)の道化の帽子をイメージしました。可愛いでしょう? 

I hope you don’t mind

『“I hope you don’t mind”ということ』

日本では馴染みのある
エルトンジョンの you’re song の
I hope you don’t mind. をどう訳するのか、
単純なようで色々と訳し方があります。理由は語感が日本語となるとインパクトが弱くなってしまうことにあります。意味を近づけるというより、英語のこの語感に近づけたいという願望がそうさせている気がします。

どんな歌詞かと簡単に言ってしまうと、
『僕が君のために作った歌だけど、
気にしないでね。(I hope you don’t mind)
とか、重く捉えないでね、(I hope you don’t mind)』

とかそういう意味があります。

最近になって聞いてみると、こういうのは物書き(作家、作詞作曲)の愛し方かなと思います。作品を作るときは愛する人をモデルにしたとしても、作品が愛されなければなりません。愛されるのが前提なのか、結果として愛されるのかは、卵が先か鶏が先かというような話なのですけど、愛する人に何か書くときは、伝えたい、伝わること、愛されること、作品として望まれる全てを忘れたいのですよね。それが物書きにとって愛する人だけに送る特別性なんじゃないかな。

変な話なんですけどね。

だから、歌詞の冒頭部分から

『It’s a little bit funny this feeling inside
I’m not one of those who can easily hide.

少し可笑しな話だけど、僕は自分の気持ちを簡単に隠せないんだ。
I don’t have much money but boy if I did
I’d buy a big house where we both could live

そんなにお金はないけど、お金があったら家を買うよ・・・
If I was a sculptor, but then again, no
Or a man who makes potions in a travelling show

僕が彫刻家だったら、いや違うな。僕が
さすらいの薬売りだったら・・・・・・』

と、纏まりの無い話になっていきます。
でもこれは、「お喋りしたい」という、ただそれだけの願望なんですよね。それでさえも、なんだか貴重な気がして言いたくなる、それが恋とか愛を表しています。
『I know it’s not much but it’s the best I can do My gift is my song and this one’s for you
「それで歌を送ることが僕は出来るよ」』

とあるけど本当はそれが伝えたいことじゃない。これすらもまだ自己紹介のような状態です。そしてメインのメロディ、

『And you can tell everybody this is your song
It may be quite simple but now that it’s done

I hope you don’t mind
I hope you don’t mind that I put down in words
How wonderful life is while you’re in the world

これは君の歌だよ、それをみんなに伝えていいよ。シンプルなメロディだけど
やっと出来たんだ。

気楽に聞いてよ(I hope you don’t mind)
軽い気持ちで聞いてよ(I hope you don’t mind)

こんな言葉で書いたけど、(愛を伝える歌)
君がこの世界にいてくれれば、世界は美しいんだ。』

と、二回繰り返すI hope you don’t mind は私は気楽に聞いてよ、軽い気持ちで聞いてよ、と言いかたを変えて訳しました。

『Anyway the thing is what I really mean
Yours are the sweetest eyes I’ve ever seen

僕が本当に伝えたいことは、君の瞳が美しいということさ。
I hope you don’t mind
I hope you don’t mind that I put down in words
How wonderful life is while you’re in the world

気楽に聞いてよ
軽い気持ちで聞いてよ、

こんな気持ちで書いたけど、
君がこの世界にいてくれれば
僕は嬉しいんだ。

そして本当に美しいのは
君の瞳なんだ、僕の歌は それを表したいだけなんだ。』

と、私は解釈しています。
人の評価を待つ物書きの仕事をしていると、作品を渡しているのに、I hope you don’t mindなんて言って渡しません。そんなのは仕事になりませんからね。
そういう身でありながら、I hope you don’t mindと言って渡すことは、愛する人への特別なことなんですね。私もそうかもしれません。

I hope you don’t mind , I love you.
そういう感覚なのかなと。歌詞だけではなく、エルトンジョンの甘い声がそう思わせるのかな。ポップスはシンプルな言葉だけど、歌手の声の表現によって深みが出たり言葉の意味が左右されるところがありますね。

画像元URL http://38.media.tumblr.com/tumblr_lhg9rjQdnC1qctf1xo1_500.gif

歌詞:

It’s a little bit funny, this feeling inside
I’m not one of those who can easily hide

I don’t have much money, but boy if I did
I’d buy a big house where we both could live

If I was a sculptor, but then again, no
or a man
who makes potions in a traveling show

I know it’s not much, but it’s the best I can do
My gift is my song, and this one’s for you

And you can tell everybody this is your song
It may be quite simple, but now that it’s done

I hope you don’t mind, I hope you don’t mind that I put down in words
How wonderful life is while you’re in the world
I sat on the roof and kicked off the moss
Well, a few of the verses, well, they’ve got me quite cross
But the sun’s been quite kind while I wrote this song
It’s for people like you that keep it turned on

So excuse me forgetting, but these things I do
You see I’ve forgotten if they’re green or they’re blue
Anyway the thing is what I really mean
Yours are the sweetest eyes I’ve ever seen

And you can tell everybody this is your song
It may be quite simple, but now that it’s done

I hope you don’t mind, I hope you don’t mind that I put down in words
How wonderful life is while you’re in the world
I hope you don’t mind, I hope you don’t mind that I put down in words

How wonderful life is while you’re in the world

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑