解放の神学と魂の存在

La vulnérabilité des choses précieuses est belle parce que la vulnérabilité est une marque d’existence.

貴重なものが傷つきやすく無防備なのは美しい。なぜなら、その弱さは存在の証なのだから。
シモーヌ・ヴェイユ

「重力と恩寵」偶然の章

「文章の正しい書き方は、翻訳するように書くことです……そこには何も付け加えないということです」とヴェイユがギュスターヴ・デュポンへの手紙でそう書き記した。

それは、常にイデアがあるように、文章から広がるイマージュも、見えない美の正解がある。私も無駄なものは削ぎ落とすようにしている。どんなに哀しいことがあっても、全部を書くわけにいかなかった。辛くても、何が無駄か見つめることだ。存在の証は削ぎ落とされた跡にある。しかし、それは神の恩寵の一つである「時間」という癒しを手に入れなければならないのである。孤独な作業だが、そこで生まれた喜怒哀楽は与えられたものである。

  

 ある僧侶が、出家前にカトリックに救いを求めたというのを、あまり深く考えていなかった。

窮地に陥った彼女が最初に見開いて救いを求めたのは教会にあった。それでも、カトリックの教理に反していた彼女は断られた。その人は出家後も人の煩悩に対してユーモラスな視点で人気を得ていた。 2018年の事故後、彼女を尊敬する年配から作家でもある彼女の元へ行くように勧められた。その人が言うには、今まで散々の一般人の批判に返事を書いてきて、寛容できっと君も受け入れてくれると言われた。確かに、一旦は受け入れてもらったが、私がカトリックだったので丁重に断られた。

その後、2月の寒空の下で自問自答を繰り返していた。(2019)

あの時は墜落していっただけだが、日に日に、この窮地に陥ったときに心から求めたものに対して理解は次第に出来るようになった。救いを求めるときに、それが人ではなく神だったときに、閉したのは誰だったのだろうと。窮地に陥ったときに救済しなかったものは魂の和解を要するし、次第に求めなくなる。実際に私もそうだったが、窮地に陥った人間は、切羽詰まっていて、身から出てくる言葉は支離滅裂な時もある。だからこそ、身から出るもので判断出来ない。

それでも容姿や言葉の裏に潜む魂のために私達は扉をあけられるだろうか? 

それは容易ではない。人は窮地で見捨てられたことに絶望するのは、魂が見捨てられたと思うからだ。昨年、私は窮地に陥ったときにカトリック教会と司教が助けてくれた。思い返せば、その時に私を受け入れる利点は無かったはずなのに、受け入れてくれた。

その意味を考えれば、理解出来る。狭き門、滅多に開かない扉、「すれ違い」

それは常に運命の中にある。もしも救われた場合、救われなかった平行線の世界を想像する。

それは偶然なのだ。だから受けられた者と受けられなかった者が存在してしまう。

「偶然」の連続が運命となる。人はそれを出来るだけ解消したいと思うが、偶然は生まれる。

南米カトリック発祥の「解放の神学」は必要であるとは思う。聖職者も信徒も、窮地に陥った人間とイエスの間を閉じる門であってはならない。窮地に陥ったときこそ、魂が残そうとする。傷ついた大いなる和解は時間を要する。

その時間とは神が与えるのだと思った。漠然と与えられた時間は無機質だが、神から与えられた時間は確かだった。弱さを知り、魂の和解に苦しむことは神が与えた時間である。

L’éternel substitut(jp and english ver)

Le temps est une image de l’éternité, mais c’est aussi un ersatz de l’éternité.

時間は永遠を映すものである。けれども、また永遠の代用品でもある。

Time is a reflection of eternity. But it is also a substitute for eternity.

Simone Weil (Renoncement au temps)

l’éternité

解説: 永遠というのは時間を伴うが、時間が有限であるのに対して永遠は無限を表す。しかし、私達は永遠を知覚することは出来ない。時の区切りは、永遠の一部、だから永遠の代用品。la éternitéの略。

Explanation: Eternity involves time, while time is finite, eternity represents immutability. However, we cannot perceive eternity. Time is part of eternity and therefore a substitute for eternity.

Aufheben

  

世界の中に中心はない、ただ世界の外側にある 
シモーヌ・ヴェイユ

神を幾ら語っても知覚したと言えるのかどうかという問答は信仰に値する。

その知覚を言語化すると神学と哲学のアウフヘーベンとなる。哲学は哲学史を

見ていても、神と共存していた。ギリシャ神からキリスト教の神と共存していた時代もあった。この二つの学問がいつ分かれたのか、思想の三統領のニーチェ、マルクス、フロイトだろうか。それともホッブスの「自然状態」ともいえるのか、私はニカイア公会議の1世紀頃としている。当時の教父たちは「哲学者のようにではなく、漁師のように」と人間の深みに達することを哲学のように人間の言葉ではなく、古びることのないとしていた。しかし彼等は当時、アリストテレスの「ホモウシオス」から抜け出せなかったとベネディクト16世が論じている。彼はそれでも「哲学者より漁師のように」信仰することを望んでいる。

トマス・アクイナスはスコラ哲学で「哲学は神学のはしため」とした。それをオッカムは「オッカムの剃刀」によって、哲学は神学と切り離すべきだとした。それでも、後のデカルトの神の存在証明の反論は沢山の哲学者が挑んでいるが、今世紀でも論破出来ていない。

スピノザが「汎神論」を唱え、異端とされた。ライプニッツは精神的存在の原子に相当する概念をモナドとした。世界の最小も最大も我々は祖父名することが出来ない。しかし、世界は偶然作られたわけではなく、これらのモナドが世界は最善へと設計されていくことを「予定調和」とした。バークリは、聖職者だったために誰もが見ていない間は神が見ているので、

実存とした。カントは敬虔なプロテスタント信者で、当時は神秘主義者のスウェーデンボルグに抗議の手紙を出し、真の信仰を理性とした。ヘーゲルも同じく経験な信者だったが、カントの客観は認識できないというものに異議を唱える。それが弁証法の一つの止揚(アウフヘーベン)だった。

産業革命以降、工業化により人々は過酷な労働や環境問題に悩まされ、幸福を疑問視するようになった。当時のキリスト教への信仰も薄れていく。人間に核たる良心や信念を持つ必要があると、ニーチェは「神は死んだ」と象徴的な言葉を残しました。自分自身で新しい価値観を作り出す「能動的ニヒリズム」と既存の価値の存在によって生きる希望を失う「受動的ニヒリズム」とした。

フッサールの現象学によって、人間の意識、志向性と人間の知覚と実存の研究となりました。

カトリック神学部だったハイデガーによって、脱カトリックを試みた彼は人間の存在は

生まれ落ちた「現存在」とする。

それでも、レヴィナスの「顔」はまた旧約聖書回帰へと繋がりました。レヴィナスはフッサールの「間主慣性」の反論を成功しました。これがレヴィナスの「他者論」である。

レヴィナスは奇跡的に強制収容所から生還しました。彼は多くの家族を失ったが、世界は存在していた。こういった形骸化、主語を失ったものを彼は「イリヤ」と呼んだ。

彼を取り巻く存在は黙示録の獣の数字だったに違いない。何故なら獣には名前は存在していないからである。旧約聖書の「汝、殺すなかれ」を引用し、イリヤから抜け出すのは「他者の顔」を知ることによって、無関心から他者と関わるとした。レヴィナスの「他者」とは、フランス語で見ると分かるが、「私の世界に踏み込めない存在」である。彼は他者の「顔」を認識することで、この亀裂を解消できるとした。

この哲学をヨハネパウロ2世は、忘れてはならない哲学者と評価した。

神学は、もう衰退の一途を辿っていると言われている。それでもバルタザールは美しい文章と論理性によって、三位一体の愛の不思議について学問的に、そして私達の感情に語り掛けている。神学も哲学者を無視したものは存在していない。(ネオプラトニズム)

哲学は恐らく、ポールリクールの宗教と哲学の共存を最後に神の否定に進んでいる。

神学は形骸化した世界から神の存在を答えとして、進んでいる。

神学史の中では大衆が清廉潔白の時代は存在しない。それは他の無宗教の歴史とそれほど

懸け離れていると思えない。これらを両方取ることに錯乱が無い事はないが、アウフヘーベンである。科学の結果を待ちながら、科学でも不完全さが残るときに人間は知覚を追う。

哲学と神学は恐らく同一の軌道を進むのである。人間のそれは智慧であり、弱さでもあり、

賜物である。

外の世界も美しい。けれどもそれを意識出来るために内面世界の奥行を愛さなければならない。例え、病で記憶を失っても、心と世界は繋がっている。病で自分のことを忘れてしまっても、神と私は繋がっている。生きている間は沢山のものを愛する。そのうち、肉体の衰えによって、外界世界は削ぎ落されていくのかもしれない。それでも光が見えるのは魂である。

魂が見る外界世界が世界のコアである。

カイエについて(1)

シモーヌ・ヴェイユ カイエⅡ
「キリストに対して忠実であるのは困難なことであった。それは真空状態に対して忠実であることだった。ナポレオンに対してなら、死に至るまで忠実であることも、ずっと容易なのだ。まだ、のちの殉教者たちにとっても、忠実であることは容易であった。なぜなら、すでに教会という一つの力、地上での成就の約束をともなう一つの力が存在していたからである。人は強いもののためになら死ねるが、弱いもののためには死なない。今は一時期的に弱くても、力の後光をいただいているもののために死ぬにすぎない。
「まことにあなたは隠られておられる神である」そして同時に、「かれらは、神を明らかに示している世界によって、神を知ることが出来た。」世界は神を明らかに示し、また神を隠す。
 第二作のイコノグラフは教会の良いところ、キリスト教の良いところを手探りで探って書き上げたが、第三作目によってカトリックから距離を置いている。イエスはイデアのようにアイディアの宝庫であるが、キリスト教という組織自体は、どうも哲学や文学にとっては同じ軌道を回っている存在だが、相性が悪いようだ。ヴェイユも同じ気持ちだっただろうなと少し思う。
真空とは空気もなにもない状態のこと、彼女は造語かのようにこの真空についてよく語っている。彼女の言っている真空とは何か、それは彼女の語りに耳を澄ますしか方法がない。
今回の場合、何もない空間に忠実であるべきだったと記されている。見返りも求めず、愛も求めず、何もない場所への忠実=キリストに対しての忠実としている。
それが人は出来ない。少なくともナポレオンのように多少の即物的な対価を
下さる現時点で生きている人を選ぶのが世の常である。
*****
第三作発売しました。5日間で320部達成しましたが、友人の話から
アップル製品等、macから購入する人、ipad、iphone
から購入する人が苦戦しているようです。

酒井司教、女子パウロ会、松本准平監督、瀬戸内寂聴からも楽しんで読んでもらえた
イコノグラフはこちらで買えます。

アマゾン→https://www.amazon.co.jp/Icon-graph-Chris-Kyogetu/dp/153493037X/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1512118298&sr=1-2

紀伊国屋→https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-02-9781976279713

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑