Die Liebende‐Rainer Maria Rilke

凡庸で一見、外観から想像できない思惑を、時間と思考を刻むように言葉で浮かべながら、何気ない眼差しが、窓を差し込む光が、移ろう感動が、全て意味を持つことが出来るのなら、私は幸せだと思う。そうやって、私は美しいと思うものも、そして生まれてきた意味も実感していた。私は全てを愛している。憎みながらも、愛している。

ChrisKyogetu「意識について」

_______________________

リルケの「愛する人」、Das ist mein Fenster「これは私の窓」という始まりは、自分の内部の目覚めと共に、意識出来ない外部への視線が必然となる。それはEben bin ich so sanft erwacht.「たった今、目覚めたばかり」と、白粉が舞うような、甘くてゆったりとした時間を感じさせます。「窓」のような人間の生活に関わっている日常を通して「Bis wohin reicht mein Leben」私の人生は何処へと届くのかと、到達しえない眼路の限界と、その限界を補うための夢想、「und wo beginnt die Nacht?」そして夜は何処から始まるのだろうと、更に夜と宇宙の無限、そして夢と誘います。

「私」はIch könnte meinen, alleswäre noch Ich ringsum;(私の周りぐるりと全てが未だ私のような気がする) と、それによって内と外との境界線を失います。

私の窓、「 eben、たった今」この窓とは、この詩の中では外の世界と繋げる存在でもあり、隔たりにもなっている。恋する彼女は外の世界を通して彼への想いや気づきを「窓の外という客観性」として具象化します。けれどもこれは彼女の内省だった。

 彼女の存在は窓の「内」にあります。期待を抱こうが、不安を抱こうが目覚めた「今」とは、ただ自分が開かれた窓の内側にいることです。

―Eindruck―

「私」と、こ の相手との関係の詳細は分かりませんが、想う相手が心の中に居るということは、愛する人とは、自分の意識の下で自分の認識している範囲の記憶を形成するが、

佇立している静かな存在では無い。この詩は 「私」と、「想い人」二人の間に何らか しらの干渉者、管理者(例えば神)を置かずに、外の世界を窓だけで表現しているというのが私の分析です。

本来の現実とはこの詩が終わった余白へと向かうことでしょう。何も書かれていない余白世界、それは詩にとっては自分の心とは関係無く存在していて、詩人が人の心の中に入るということは、読者の視界に変化を与えるということです。その日から窓が特別な存在になれば、成功なのです。内面が育つ、内面が繊細になった視界は美しい。

 美しい詩とは余白まで美しいものだと私は思います。 

2015年の推敲版

________________________________________________________________________________

リルケ:「愛する人」Die Liebende ( Rainer Maria Rilke )

これは私の窓、たった今、おもむろに目覚めたばかり。

私は宙に浮いているようだが、私の人生は何処へ向かい、

夜は何処から始まるのだろうか。

私を取り囲む全てが私のままだと思えた。

それは結晶のように深く、透明で、暗くて、無言で、

私はまだ私の中の星をつかめそうだった。私の心は広くなり、

私の心は、彼を再び手放せそうだった。

私が愛し始めたかもしれない、抱きしめたいと思ったかもしれない人だから。

私の運命は、説明のつかない、謎めいた眼差しで私を見ている。

この途切れなく続く私とは何なのだろう。

草原のように香り高く、行き交いながらゆらめいている。呼び声を聞くと恐れてしまうことは、誰かにとっては、別の場所で別れを意味することだから。

(朗読しやすいように翻訳しました)

(原文)

Die Liebende ( Rainer Maria Rilke ) 訳・Chris

Das ist mein Fenster. Ebenbin ich so sanft erwacht.

Ich dachte, ich würde schweben.

Bis wohin reicht mein Leben,und wo beginnt die Nacht?

Ich könnte meinen, alleswäre noch Ich ringsum;

durchsichtig wie eines Kristalles Tiefe, verdunkelt, stumm.

Ich könnte auch noch die Sterne fassen in mir, so groß

scheint mir mein Herz; so gerne ließ es ihn wieder los

den ich vielleicht zu lieben,vielleicht zu halten begann.

Fremd, wie niebeschrieben sieht mich mein Schicksal an.

Was bin ich unter diese Unendlichkeit gelegt,

duftend wie eine Wiese, hin und her bewegt,

rufend zugleich und bange, daß einer den Ruf vernimmt,

und zum Untergange in einem Andern bestimmt.

フルバージョンはこちら

Hymnen an die Nacht (Novalis)

感覚を持った、心ある生きる者が、身の周りに広がる空間のすべての奇跡的な現象を目の前にして、喜び溢れた光、つまりその色彩、波打つ姿、広がりゆく、その目覚めたような日々を愛さずにいられるのだろうか。

生命の内なる魂のように。

ノヴァーリス 夜の讃歌

(朗読の関係で翻訳は切りました。

朗読しやすいように翻訳しました)

Recently I have been making a video of readings.

Original text

Welcher Lebendige, Sinnbegabte, liebt nicht vor allen Wundererscheinungen des verbreiteten Raums um ihn, das allerfreuliche Licht – mit seinen Farben, seinen Stralen und Wogen; seiner milden Allgegenwart, als weckender Tag.

Wie des Lebens innerste Seele athmet es der rastlosen Gestirne Riesenwelt, und schwimmt tanzend in seiner blauen Flut – athmet es der funkelnde, ewigruhende Stein, die sinnige, saugende Pflanze, und das wilde, brennende, vielgestaltete Thier – vor allen aber der herrliche Fremdling mit den sinnvollen Augen, dem schwebenden Gange, und den zartgeschlossenen, tonreichen Lippen.

朗読:Kouhei Yoshimura

動画編集:Chris Kyogetu

翻訳:ChrisKyogetu

#ChrisKyogetu

#朗読

#ショート動画

#ノヴァーリス

#ドイツ文学

#ドイツ観念論

#novalis

Annabel Lee

IT was many and many a year ago,
In a kingdom by the sea,
That a maiden there lived whom you may know
By the name of ANNABEL LEE;
And this maiden she lived with no other thought
Than to love and be loved by me.
I was a child and she was a child .
In this kingdom by the sea:
But we loved with a love that was more than love --
I and my ANNABEL LEE;
With a love that the winged seraphs of heaven
Coveted her and me.
And this was the reason that, long ago,
In this kingdom by the sea,
A wind blew out of a cloud,chilling
My beautiful ANNABEL LEE;
So that her high-born kinsman came
And bore her away from me,
To shut her up in a sepulchre
In this kingdom by the sea.
The angels, not half so happy in heaven,
Went envying her and me –
Yes! – that was the reason (as all men know,
In this kingdom by the sea)
That the wind came out of the cloud by night,
Chilling and killing my Annabel Lee.
But our love it was stronger by far than the love
Of those who were older than we—
Of many far wiser than we—
And neither the angels in Heaven above
Nor the demons down under the sea,
Can ever dissever my soul from the soul
Of the beautiful Annabel Lee
For the moon never beams, without bringing me dreams
Of the beautiful Annabel Lee;
And the stars never rise, but I feel the bright eyes
Of the beautiful Annabel Lee
And so, all the night-tide, I lie down by the side
Of my darling – my darling, – my life and my bride,
In the sepulchre there by the sea,
In her tomb by the side of the sea
Annabel Lee 
Edgar Allan Poe
__________________
ポーの一族(萩尾望都)はエドガーアランポー由来かなとは思う。主人公はエドガー、エドガーと旅する少年の名前はアラン。
あとはポーの一族。
エドガーアランポーの詩は
例えばI love you のように、I()が主体でlove
動いているというよりは、私という自己が愛に内包されていると私は捉えている。
詩の精度としては旧約の詩篇、ゲーテやノヴァーリスのほうが高いが、私はこの自己が愛に内包されてしまうほど狂ってしまうエドガーアランポーのほうが好き。少しこの傾向が「ポーの一族にはある気がする」
美しきマリーベル・ポーツネルを巡って。
時が経ち、愛だけが大きくなっていき自己は既に老化して弱っていき、愛に内包されてしまう。
そして最期は愛が昇華したように消える。
そんなヴァンパイアだったと私は思う。

When I had a dream

 

夢をみるとき、思い出のとき

永遠へと手をのばすとき

ただ存在しているだけのとき

グラディス・ティバー(1899~1980)

人は夢を見て、思い出から作られ、
死という永遠に手に伸ばす。
そんなまどろみも、ただの存在のひと時。
それは生きているということ、
そして夢を見ているということ。

酒井司教、女子パウロ会、瀬戸内寂聴からも楽しんで読んでもらえた
イコノグラフはこちらで買えます。

Alone by Edgar Allan Poe






Alone

by Edgar Allan Poe

From childhood’s hour I have not been
As others were; I have not seen
As others saw; I could not bring
My passions from a common spring.

From the same source I have not taken
My sorrow; I could not awaken
My heart to joy at the same tone;
And all I loved, I loved alone.

Then- in my childhood, in the dawn
Of a most stormy life- was drawn
From every depth of good and ill
The mystery which binds me still:
From the torrent, or the fountain,
From the red cliff of the mountain,
From the sun that round me rolled
In its autumn tint of gold,
From the lightning in the sky
As it passed me flying by,
From the thunder and the storm,
And the cloud that took the form
(When the rest of Heaven was blue)
Of a demon in my view.

end.

詩とは暗号のようで、実は心に一番近い言語だ。
心に近いということは、願望も夢も形無き言語も、
記憶も、欲望も、妄想も、
本人が把握できているところから、
把握できていないところまで全てが
書き綴られる、純粋で崇高な文章だ。

心に一番近いので、聖書の詩編では
神への祈りの文章が繰り広げられる。
詩編を読むときは存分に心から神へと
祈ると良い。神は欲望も願望も、
その人の良心も悪意も汲み取られる。

神への祈りの言葉を裏に隠し、心の声を吐露した時に、
他者が意味が分からないとするのなら、人の気持ちは
自分の喜怒哀楽と似ているものがありながらも、
汲み取ることが難しいということである。
詩人はそれでも素直に、この心の声に耳を傾け、
執筆する。エドガー・アランポーの詩は
何処かわかるようでわからない。
分からないようでわかるという
不思議な感覚で、言えることは
英語の語感としては美しいということだ。

夫人を亡くした後の詩のようだが
孤独でありながらも、美しい旋律を見失っていないことは
彼が詩の天才だと言うことだろう。

特にMy heart to joy at the same tone;
And all I loved, I loved alone.

人とは違うことに喜びを感じ、
私は愛した。私は一人でいることを愛した。

が特に美しいと私は思う。


酒井司教、女子パウロ会、瀬戸内寂聴からも楽しんで読んでもらえた
イコノグラフはこちらで買えます。

「日常2」

 司祭と問題を起こし、ODを10月にやらかしてしまってから、自分の顔をよく撮るようになったし、色々あってか痩せて写真を撮るのが楽しくなった。一時病気かしら?と思ったが、いまどき自撮りなんてインスタでは普通だし、「目立ちたいから」と思われがちな自撮りだが別に目立ちたいと思ってもネット民族の人数を考えれば目立てるわけでもないので、気にしないことにした。それに、失礼なことを言ってしまうと、かわいらしいポエムを書いているのに顔の正体が分からないというほうが私は怖い。身分証明になって良いではないか? とは言ってもシワが出てきたらやめるし、エフェクトで撮って気のすむまで自分の顔と向き合って、気楽に生きていこうかなと思う。

以下・頂き物
バイオプログラミング・ヘアービューロン2D
本当に一度カールしたら崩れにくく、逆にグルングルンになってしまうので、
手ぐしで何回もといたぐらいです。当てれば当てるほど髪に良いとかで。

ディオールのジョイバイディオールのボディクリームと
ミスディオールのヘアミスト

プーと大人になった僕

これ、映画でも見に行きました^^。とてもかわいいです。
そして、ほっこりします。君と一緒にいる日は特別な日って
なんだかとっても心温まりますね。童心にかえるとかそんな
単純な話じゃないんですよね。今時シンプルでこんなに
可愛い話って少ないなと思います。最近のは広告で塗り固められて、
駄作を感動作みたいに偽るの多いじゃないですか。
これはそういうのが無かったので本当に聖なる領域です。
プーとクリストファーロビンの佇まいだけで純粋でイエス様がいる気がします。

Vision2 




vision

Die Adern der Flügel zieren den Schmetterling, 
seine Organe, Nerven und sogar Knochen.

Einen Schmetterling zeichnend, bedarf es besonderer Sorgfallt bei seinen Adern. 
Sonst zeigt das Bild nur einen armen Schmetterling unfähig zu fliegen. 

Glauben und Philosophie sind für mich der Flügel Adern. Schöpfung zeigt sich im Aufsteigen in die Lüfte – Fliegen.

Fliegen ist Freiheit bestimmt durch der Flügel Adern.

Andere Freiheit gibt es nicht.

MY Vision Germany ver. 


Offret-Sacrificatio

「人は何故、常に為すべきことばかりなの?」
 タルコフスキー・「サクリファイス」
*******
 物語の始まりは、アレクサンデルが細い木を植えるところから始まる。このときの彼の幼い息子への語りはこうだ。「正教会の修道院の僧が枯れかかった木を山裾に植えた。ちょうどこんな木だ。そして同じ修道院の若いヨアンに、この木が生き返るまで水を与えなさいと言った。ヨアンは毎日、山を登り水をやった。そして三年後に見事にこの木に花を咲かせた。一つの目的を持った行為はいつかは効果を生む。儀式のように順序よくやれば、
いつかは世界は変わる」と。
アレクサンデルの息子は口が利けない。
 アレクサンデルは死についてもこう語った。「死なんて存在しない。あるのは死に対しての恐怖だけだ」その後に友人で医師であるヴィクトルの家を訪ねる。そこで色々と語っている間に核戦争の非常事態の知らせがくる。死を自覚したヴィクトル家はパニックに陥る。まるでアレクサンデルが独白した通りのことが次々と起こってくる。その後に一番パニックになった夫人が落ち着いた後に言った「人は何故、常に為すべきことばかりなの?」が今の私には胸に響いた。こんな死の淵に立たされても生きている限り、人間は常に為すべきことを意識しなければならない。
この台詞が生きてくるまでの映像表現が素晴らしかった。

物語の進行と共に、口を利けない息子が突然いなくなり、呼んでも返事が出来ないという恐怖の複線が秀逸。タルコフスキーの作品を見るときは見失わないために、名前と人格をよく覚えておくことだ。そして、この世界は夢現の境目がないように時制もあってないようなものである。前半の出来事が複線を引いてくることがあるので意識しておくと、見やすいだろう。
 昔のブルーレイ化されてくる中で、名作と呼ばれたハリウッド映画のセット感が目立つようになった。そんな中でタルコフスキーは最新の技術を使ってリマスターしても常に鮮やかに美しい。それは彼が根気強く自然の力を利用したところにもあるだろう。DVDも買ったのに、ブルーレイでも買いなおしたいという監督は少ない。

******

「お知らせ」

カミュの「異邦人」についてなのですが、9割は出来ましたけど出来かかったところで、サルトルも入れたほうがいいと言われ、また時間がかかることになりました。

ウェブのアクセス数が多い順、5番目ぐらいまでが書籍化されますので、気に入った作品があったら見ておいてくださいね。今のところダントツで、太宰治と三島由起夫となります。三島に関しては書籍用に掘り下げますが。







酒井司教、女子パウロ会、瀬戸内寂聴からも楽しんで読んでもらえた
イコノグラフはこちらで買えます。

アマゾン→https://www.amazon.co.jp/Icon-graph-Chris-Kyogetu/dp/153493037X/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1512118298&sr=1-2

紀伊国屋→https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-02-9781976279713

vision

(vision)
The wing veins are for the butterfly, its organ, nerves and also its bones. 
When drawing a butterfly, its wing veins must be drawn with precision, otherwise,
 it will only represent a butterfly unable to fly. 
Belief and philosophy are for me like wing veins. 
Creation is for me all about soaring.


Soaring is freedom predetermined by wing veins. 
There cannot be any other freedom.
*******  
蝶にとって翅脈とは器官や神経であり、骨である。蝶を描くとしたら翅脈は、正確に描かなければ飛べない蝶になってしまう。私にとって、信仰や哲学というものは翅脈である。私にとっての創作とは、飛翔によって成り立っている。
飛翔とは翅脈有き自由であって、それ以外の自由は在り得ない。 
——–
 飛翔と翅脈の組み合わせによって生まれるものと矛盾、この命題は蝶のように飛ぶ場所は決められないということ。私達、文学者はそうなのではないか。 

*7年前から決まっていたvisionを手直ししました。



オオルリアゲハの標本。角度によって青からグリーンにかわります。

         

銀河鉄道の夜

主人公ジョバンニは家が貧しくて孤独を感じていました。同乗していた同級生カンパネルラは裕福でしたが、作品の終盤で実は川に流されて見つからないということをジョバンニは知ります。カムパネルラは恐らく死んでしまったのだということになりますが、その死は読者に最後まで謎を残します。
それでもジョバンニは生きる意味を見出して家に帰ります。 この列車の旅は幸福を探す旅であり、生と死に特等席のような違いがありません。違うのは切符です。
この作品の著者・宮沢賢治は何度もこの作品は書き直していますし、出版される前に死んでしまいます。身体が弱く、仕事が上手くいかなかった彼は、自分自身への問いと同時に、人々に寓意や幸せを与える童話作家として「本当の幸せとは何か」ということを模索したのではないのでしょうか。
残された遺族や団体が更に推敲を重ねましたが、初稿が出版されたり、後になって賢治が訂正した(博士が居ないバージョン)版が出たりとしてるので、銀河鉄道の夜は、どの版のを読んだのかによって、話も印象がそれぞれ違ったりしてるようです。
私はこの話は、呼びかけのようなアナウンスの後に、気がついたら列車の中に居たというような目覚めの感覚が好きです。目を見開いたら窓の外に宇宙が広がってるというのは素敵ですね。
天の河、ケンタウルスの祭り、銀河ステーション、カムパネルラが持っていた黒曜石の黒板、白鳥区の北十字、南十字、蠍の火、 カムパネルラはいつ自分は死んだと気付いたのか、カムパネルラにとっては死の目覚めはいつだったのか、私は職業柄のせいかそんなことを考えるようになりました。
ずっとこの話の視点はジョバンニでしたが、カムパネルラはジョバンニが列車の中で目覚める前から目覚めているのか、ジョバンニの意識の目覚めと共に彼等は現れたのか、どちらなのか、そういうことが過ぎります。


カムパネルラはジョバンニとずっと一緒にいると約束をしたけれども、カムパネルラは石炭袋のところで消えてしまいます。私はそれでも約束が破られたとは思っていません。二人はきっとこの銀河の中で魂の繋がりを約束したということになるのです。
死者と生者が限りなく平等に近い星々の旅で。
「本当の幸せ」と「天国」は、生きている人にとっては似てるのかもしれません。追えば何処までも果てしなく続いていて、降りる駅を決めればとりあえず、そこに少しとどまるのではないのでしょうか。
あと、私は宮沢賢治が、人生の道しるべである老賢者(ユング)のようなブルカニロ博士を途中で消した理由を考えていました。
恐らく、賢者を失うことで生者だけが特別なことを知るわけでもなく、死者だけが特別なものが見れるわけでもなく、ジョバンニとカムパネルラは離れた後も、同じように彷徨いながらまだ旅の途中だ・・・・・・ということにしたかったのだと思います。
(この感想は、 今流通している版を基準に書いています)
                       

                       
切羽詰っているかと思えば、空き時間があると急に銀河鉄道に乗って見たいなと思うようになって、確か主人公のジョバンニは緑の切符を持っていたなぁなんて、作ってみた。宮沢賢治の銀河鉄道の夜は手元にはなかったけど、なんだかインターネットに頼りたくなくて記憶頼りに作ってみた。
後から確認してみたら、緑というのは正解だったけどハガキサイズで、唐草模様が一面にあって十字があるらしい。十字架があったような気もしたけど、賢治は日蓮宗だもんな、気のせいかなとかで書かなかった。(正確には十おかしなばかりの文字・十字架ではない)
駅(行き先)まで覚えてたのに(涙)「突っ込みどころ満載」みたいな出来になってしまったけど、話によると人それぞれ切符のタイプが違うみたいだし、これは私の銀河鉄道切符ということで。
まぁ今回は触りということで。今度また余裕があったら作ろうかな。
・最後に余談・
宮沢賢治の銀河鉄道は生者のジョバンニと、死者のカムパネルラが共に銀河の中を列車で旅をする。初稿にしかいない「ブルカニロ博士」によると、この切符はずっと持っていなければならないし、それぞれの神様の話を聞いて、議論もするし共感して涙も流すだろうというのがあった。
賢治の希望は、博士がいないバージョンのようだ。
私が子どもの頃読んだやつは、ブルカニロ博士がいるやつで友人が読んでるやつは居なかったので話に食い違いがあった。現代でも流通しているのは、この博士がいないバージョンがほとんど。
銀河鉄道の夜、鉄は旧字を使ってます。
短冊をイメージして作りました。🎋
この記事はFBで二回にわたって投稿したものを、まとめています。

Icon o graph

「走れる靴と、走れない靴

私たちは愛の裏で動いていた」

Icon o graph 

発売しました。

amazon.comから順次発売

 https://www.amazon.com/Icon-graph-Japanese-Chris-Kyogetu/dp/153493037X/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1468688909&sr=8-1&keywords=chris+kyogetu

amazon.co.jpでも取り扱いになりました。
(旧バージョン)
https://www.amazon.co.jp/Icon-O-Graph/dp/153493037X/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1468776277&sr=8-1&keywords=153493037X

(新バージョン)
https://www.amazon.co.jp/Iconograph-Chris-Kyogetu/dp/1976468949/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1512298868&sr=1-1


紀伊国屋
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-02-9781534930377

barnesandnoble

http://www.barnesandnoble.com/w/icon-o-graph-chris-kyogetu/1124114276?ean=9781534930377

あらすじ(英語版のみ 後書きつき)

https://drive.google.com/file/d/0BxNLSoqVr3MzWTRoU1RCb0JtNEE/view  (Japanese)

https://drive.google.com/file/d/0BxNLSoqVr3MzbXB6Y2hBZUF1X1U/view (English)

試し読み

https://drive.google.com/file/d/0BxNLSoqVr3MzNXB3QVRlcEQwbkk/view


(keyword) 走れる靴と走れない靴、時を知らされない部屋と、時に決められた部屋。生の飛躍、 自由な魂、ウンディーネ、青を知らない女の子、QOL、祈りのための茨の棘、自己犠牲、悪しき母たち、 赦し、生長、変容、白夜、落ちた巣、天文時計、シモーヌ・ヴェイユ、占星術師達、 魅惑に満ちた混乱、最高の現象、時が人格を持つ、神話の実現、最先端医療、 不在への期待、オーディンの渡鴉、ベツレヘムの星、修理士、選ばれた部品、ロザリオリング、 栄巣、営みへの期待、刺繍、サロメ、硝子盤、羅針盤、解放、詩情のようで現実
(順不同)

「生かされていることや生きていること、信じていること、私達それぞれ違うこと、それらが一致を夢見て、離れてはお互いに締め付けながら、茨のように締め付けあいながら巣を作る」

栄巣(p278)

栄巣とは造語です。 

(2)→http://chriskyogetu.blogspot.jp/2018/03/icon-o-gaph2.html



オプス・デイ
酒井 俊弘神父様より


https://drive.google.com/file/d/1IWf3mKShI53901pN2mijLoOATJsu77CH/view

担当より(ネタバレ注意)

https://drive.google.com/open?id=1RpeFu9kzV4oSVVIAQmRiF_FpEH00NdcD


瀧本 往人様(哲学)

https://drive.google.com/file/d/1WzZ1Uuo1R5CAIi1hF8WX1xiCu-Pe7prI/view?usp=sharing


松本准平様(映画監督)

http://chriskyogetu.blogspot.jp/2018/03/blog-post_16.html


女子パウロ会

http://chriskyogetu.blogspot.com/2018/09/blog-post.html

瀬戸内寂聴様

保留+好評価


皆様の感想
http://chriskyogetu.blogspot.jp/2018/03/blog-post_15.html



WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑