夢の話

 三島由紀夫が出てくる夢を見た。第一作の冒頭の詩を誉めてくれた。第二作はまだ読んでないと言った。でも冒頭の「私達は愛の裏で動いていた」というのは非情に美しいと誉めてくれた。第三作の類稀なる誠実な病は「この裏切った神父に手加減した感じがする、もっと洗いざらい書いたほうが面白いのではないか、醜いぐらいに」と言われた。確かに、発売直後に宣伝も全部、手加減をし彼を許してしまった。宣伝方法も変え、神父がどの神父か特定出来ないようにしてしまった。私は言った。「もう彼は悪くないんです、私も悪かったので彼だけを悪者には書けないのです」と言った。それに対して、三島はそれは間違っている、彼はもう存在していないつもりで書いて、作品の完成度だけを見つめていろ。作家として宣伝しろと指摘して、私に出なおしてくるように言った。(2019年04月26日の夢)

意識がしっかりし始めたのは三島の肉声を聞いた後だった。

何が正しいのだろうか。

Pangaea doll 新聞社に紹介される。文学雑誌@bookport(廃刊)に2010年の一番星に選ばれる。千部売り上げる。数々の専門家に評価される。ドゥルーズの器官泣き身体、卵と評価される。ヨハネの福音書 15章18節、他黙示録(乙女と竜)


Iconograph    瀬戸内寂聴、松本准平に楽しんで読んでもらう。キリスト教徒として最初で最後の作品。数々の専門家に評価される。芸術寄り。5千部売り上げる。数々のメディアに紹介される。amazonでも公式ページを作ってもらう。北仙台教会がモデルに一部使われている。他はドイツの教会がモデル。女子パウロ会に評価される。マタイの福音書13章。ヨハネによる福音書14章 


類稀なる誠実な病
 まだ発売したばかり。Kindleのみ。賛否両論別れ、女性層F2に支持されている。男性の醜さを表し、女性の愛さずにいられない性分を表している。堺教会がモデルに使われている。マタイ福音書1820
『二人、または三人が、私の名によって集まっている所には、私もその中にいるのである』
紹介youtube再生回数1ヶ月で2万回超える。



Pangaeadoll 
紹介文
販売元
Iconograph 
紹介文
販売元
類稀なる誠実な病

紹介文
販売元

Icon o graphという理想

  私は4年間カトリックに在籍していた。その間、実はまともな神父に出会ったことがない。「神父から」恋されることも多かったし、断ると口を利いてもらえなくなった。一人、付き合うことになったら、彼は自分の立場が危うくなってくると私を簡単に捨てたので、私は自殺未遂を図る。


 
第一作品目のPangaea dollは特殊な詩的表現が強く、読む層を特定出来ないが、この世から見捨てられたような感覚、主人公の不安定感というのは共感するだろう。

Iconographは主人公の川村光音と、準主役の羽根が理想的な人格を持っている。なので醜さを感じないまま、この世界の透明感を堪能出来るだろう。


第三作目となる「類稀なる誠実な病」は第一作品目の「pangaeadoll」の実際の体験をフィクション世界に転換させ、追求したのとは間逆に、ノンフィクションに寄っている。もしもこの作品に嫌悪感を感じるのなら、これがカトリックだと私は言いたい。だから批判も私にとっては肯定になってしまう。何度も言うがカトリックを選んだ人は善意を捨て、私を捨てた。これが現実だ。私の教区ではこれしか現実がなかった。(酒井司教を除く、彼は善人であり常識人だった)


貴方はどの世界から体験しますか? 


Pangaea doll 新聞社に紹介される。文学雑誌@bookport(廃刊)に2010年の一番星に選ばれる。千部売り上げる。数々の専門家に評価される。ドゥルーズの器官泣き身体、卵と評価される。ヨハネの福音書 15章18節、他黙示録(乙女と竜)


Iconograph    瀬戸内寂聴、松本准平に楽しんで読んでもらう。キリスト教徒として最初で最後の作品。数々の専門家に評価される。芸術寄り。5千部売り上げる。数々のメディアに紹介される。amazonでも公式ページを作ってもらう。北仙台教会がモデルに一部使われている。他はドイツの教会がモデル。女子パウロ会に評価される。マタイの福音書13章。ヨハネによる福音書14章 


類稀なる誠実な病
 まだ発売したばかり。Kindleのみ。賛否両論別れ、女性層F2に支持されている。男性の醜さを表し、女性の愛さずにいられない性分を表している。堺教会がモデルに使われている。マタイ福音書1820
『二人、または三人が、私の名によって集まっている所には、私もその中にいるのである』
紹介youtube再生回数1ヶ月で2万回超える。


:カトリックとしては正しいのかもしれない。
善意は働いていない。善の墜落である。


Pangaeadoll 
紹介文
販売元
Iconograph 
紹介文
販売元
類稀なる誠実な病

紹介文
販売元

類稀なる誠実な病(4)

愛というものは、綺麗で上品ではいられないということは分かっていることだろう。
けれども神父と信者である私達は上品でなければならなかった。
愛にはいつも目覚めさせられ、翻弄され、傷つけられて、麻痺させられる。
彼を愛しているということが罪だった。
彼が私を触りたいということが罪だった。
私達は愛を追及する前に戒律があった。
私は彼への愛に命を懸けてしまった。 
彼がとてもとても好きだったから。
それが彼への十字架となるとも知らずに。
ここにて彼に謝罪する。
私は最高の裏切り者だ。
私の魂の珠玉 「類稀なる誠実な病」
あらすじ
「姉が自殺をしました。神父、あなたのせいです」
有沢華実(かざね)の双子の姉、芹実を自殺させてしまったことにより、パトリシオ神父は遺書を書く。
叙階の誓いを破り、女性と曽根崎で結ばれてしまった神父、近松門左衛門の曽根崎心中、『二人、または三人が、私の名によって集まっている所には、私もその中にいるのである』のマタイの引用を純粋に信じる芹実は不正の愛でも二人の間にイエスがいると疑わなかった。しかし、死んだ芹実にはもう一つの顔があった。
二人の間に果たしてイエスは存在したと言えたのだろうか?
人間の歪みながらも純粋で欠けている美。
新しい宣伝方法に変えました。前のと比較してください。
私は彼を許しました。許して修道会へと手紙を書きました。
彼は私を決して許さないと思うけれども、私はもうカトリックから
離れた人間。戒律から離れて思い出を綺麗に出来るようになった。
許されなくていい。お互い、傷ついた深さが同じであればいい。
そして、さようなら。お互い別々の人生で生きましょう。
youtube マイチャンネル


酒井司教、女子パウロ会、松本准平監督、瀬戸内寂聴からも楽しんで読んでもらえた
イコノグラフはこちらで買えます。

アマゾン→https://www.amazon.co.jp/Icon-graph-Chris-Kyogetu/dp/153493037X/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1512118298&sr=1-2

紀伊国屋→https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-02-9781976279713

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑