解放の神学と魂の存在

La vulnérabilité des choses précieuses est belle parce que la vulnérabilité est une marque d’existence.

貴重なものが傷つきやすく無防備なのは美しい。なぜなら、その弱さは存在の証なのだから。
シモーヌ・ヴェイユ

「重力と恩寵」偶然の章

「文章の正しい書き方は、翻訳するように書くことです……そこには何も付け加えないということです」とヴェイユがギュスターヴ・デュポンへの手紙でそう書き記した。

それは、常にイデアがあるように、文章から広がるイマージュも、見えない美の正解がある。私も無駄なものは削ぎ落とすようにしている。どんなに哀しいことがあっても、全部を書くわけにいかなかった。辛くても、何が無駄か見つめることだ。存在の証は削ぎ落とされた跡にある。しかし、それは神の恩寵の一つである「時間」という癒しを手に入れなければならないのである。孤独な作業だが、そこで生まれた喜怒哀楽は与えられたものである。

  

 ある僧侶が、出家前にカトリックに救いを求めたというのを、あまり深く考えていなかった。

窮地に陥った彼女が最初に見開いて救いを求めたのは教会にあった。それでも、カトリックの教理に反していた彼女は断られた。その人は出家後も人の煩悩に対してユーモラスな視点で人気を得ていた。 2018年の事故後、彼女を尊敬する年配から作家でもある彼女の元へ行くように勧められた。その人が言うには、今まで散々の一般人の批判に返事を書いてきて、寛容できっと君も受け入れてくれると言われた。確かに、一旦は受け入れてもらったが、私がカトリックだったので丁重に断られた。

その後、2月の寒空の下で自問自答を繰り返していた。(2019)

あの時は墜落していっただけだが、日に日に、この窮地に陥ったときに心から求めたものに対して理解は次第に出来るようになった。救いを求めるときに、それが人ではなく神だったときに、閉したのは誰だったのだろうと。窮地に陥ったときに救済しなかったものは魂の和解を要するし、次第に求めなくなる。実際に私もそうだったが、窮地に陥った人間は、切羽詰まっていて、身から出てくる言葉は支離滅裂な時もある。だからこそ、身から出るもので判断出来ない。

それでも容姿や言葉の裏に潜む魂のために私達は扉をあけられるだろうか? 

それは容易ではない。人は窮地で見捨てられたことに絶望するのは、魂が見捨てられたと思うからだ。昨年、私は窮地に陥ったときにカトリック教会と司教が助けてくれた。思い返せば、その時に私を受け入れる利点は無かったはずなのに、受け入れてくれた。

その意味を考えれば、理解出来る。狭き門、滅多に開かない扉、「すれ違い」

それは常に運命の中にある。もしも救われた場合、救われなかった平行線の世界を想像する。

それは偶然なのだ。だから受けられた者と受けられなかった者が存在してしまう。

「偶然」の連続が運命となる。人はそれを出来るだけ解消したいと思うが、偶然は生まれる。

南米カトリック発祥の「解放の神学」は必要であるとは思う。聖職者も信徒も、窮地に陥った人間とイエスの間を閉じる門であってはならない。窮地に陥ったときこそ、魂が残そうとする。傷ついた大いなる和解は時間を要する。

その時間とは神が与えるのだと思った。漠然と与えられた時間は無機質だが、神から与えられた時間は確かだった。弱さを知り、魂の和解に苦しむことは神が与えた時間である。

WordPress.com でブログを始める.

ページ先頭へ ↑