Om det oändliga(English.ver)

" life does not seem to be so sure and prosperous.

Arimasa Mori (By the Streams of Babylon)

In a story, there is a protagonist who reveals what seems to be true feelings. This is what makes a story simple to understand, and is often the case in Manga. But when it comes to art, to the pursuit of an idea, it is possible to write about people and leave the audience behind. If there is a time limit to the number of pages in a work, or to the duration of a film, then a life is artificially speeded up within that limit. Perhaps it is Roy Andersson’s “Om det oändliga” that falls short. There is no narrative technique here. It seems to me that human life is a series of inorganic things, and that there is an existence in motion that others cannot see. It is not a horror, it is a comical story.

For me, the scene in which a human imitation of Jesus walks down Golgotha Hill was comical. The modern costumes, cut down to the expense of a modern opera, the farce of a narcissistic director by his side, were truly an expression of the irony of the modern artist. Or perhaps this is a fashion show for a high brand that makes you think meaningfully. It was irony at its best in this day and age, when critics will praise anything to get a sale, even a bad one, because they want a job. The dream is of a pastor who has lost his faith.

And the pastor, who drinks a glass of wine before the service, was very funny.

People’ expectations of a story begin with their perception of it in their conscious world. It requires imagination to find commonalities and differences between one’s own conscious world and the conscious world of the work, and to fill them. Next, we move on to our own ideals. It is at this point that the work is sometimes evaluated as deviating from its essence. Some people are disciplined enough to read the intentions of the work, while others judge it on the basis of whether it conforms to their own desires.

Descartes found consciousness and innate ideas, but he could not find the real mind.

Science has returned to Descartes again and again, but the real mind is still unclear, even in neuroscience. For anyone who has been able to sort out consciousness from Husserl’s establishment of intersubjectivity to Heidegger’s immanence,

If you are able to organize your consciousness from Husserl’s inter-subjectivity to Heidegger’s immanence, you may find that this film is close to what Heidegger calls “Das Man”.

There is no wise man in this world who lives in his true nature. The film portrays a man who is always buried in a world of cloudy skies and non-essentials. We expect the existence of a person who has stepped out of the world like a person who lives his true nature. One of them is the presence of a role model in the character’s ” truthfulness “.

One of them is the presence of a model student.

I think that the truthfulness is more difficult to find than love. True feelings and love are related to each other, but But they work in different ways.

For example, I have a cat, Adam, who sometimes wakes me up suddenly in the morning. I am sleepy and have a hard time, but I don’t mean to, I don’t feel obliged to, and I always get up, even if I am a little late.

I never complain, I feel that I feel that I really love him.

Love is thus unplanned. If the camera had followed the description of Adam’s embrace and the treatment of him, we would have seen love there.  But if the film stops only at my drowsy inability to wake up quickly, my true feelings seem to be exhausted. My true feelings are unreliable and uninteresting to judge in a short time.

“Om det oändliga” lacks that kind of description that we expect.

People probably assume that there is something “truthfulness” in the work, but the truthfulness is cut out.

However, they can see their own expectations in it. If we wanted to see an unbelieving pastor turn. It would be I can forgive him for drinking wine twice before the service.

That’s how much I value the Holy Family, and how little I know about my own consciousness.

It’s the opposite of what the PR people want, but it’s a place where what you want has been cut out. However, I thought it was a kaleidoscope in which I could see what I wanted in what was cut out.

I think I will continue to delve into the real heart, good and evil, and love.

A lighter version of this is on twitter, but the interpretation is subject to change.

I see it as a new kind of realism. It might be an irony for people who, in more recent years, have lost sight of the authority of the individual voice, and who are no longer able to do more than make a fuss on social media about just that. It is now only celebrities and cartoons that pretend to be conscience or good. But is it possible to enjoy a fictional world that is not so different from the real one? This world exists like a painting, a fictional world itself.

And it is realistic. People don’t think about the rest of the story that was not shown. We look at the outside world with a narrow perception, unaware that it represents so much of who we are. We don’t realism that we are living in a world that has forgotten to enrich the inner world. I don’t understand the meaning of this film because I’m not aware of it.

my lovely Adam. My little one

ホモ・サピエンスの涙

「人生はそんなに確信にみちた、景気よいものではないように思われる」

森 有正(バビロンの流れのほとりにて)

物語には本心らしきものを露わに話してくれる主人公がいる。それが分かりやすい話というもので、漫画等に多い。芸術性、イデア追及に入ってくる作品となると、人を書きながら、観客を置き去りにするような作品が出来上がる。作品のページ数や、上映時間が時間制限であるのなら、その制限以内に一つの人生を人為的に速度調整する。それに物足りなくなったのが、ロイ・アンダーソンの「ホモ・サピエンスの涙」なのかもしれない。ここには起承転結のような、物語の技法は存在しない。此処には人間の人生は無機質の連続なのでないか、他者からも見えない存在が動いているように思える。それを恐怖とせず、コミカルに描いている。

私にとっては、イエスを模した人間がゴルゴタの丘を歩くシーンがコミカルだった。近代オペラのように経費削減された現代衣装、ナルシストな監督が傍にいるような茶番、まさしく現代の芸術家への皮肉が表れていた。もしくは、これは意味深に思させるハイブランドのファッションショーなのかもしれない。批評家が仕事欲しさに、駄作でも売れるためなら何でも褒めるようになった現代では最高の皮肉だった。この夢は信仰を失った牧師が見る。

そしてその牧師は司式の前のワインのラッパ飲みをするが、非常に面白かった。

人間の物語に対する期待は、まずは意識世界での認識から始まる。自分の意識世界と、作品の意識世界との共通項、相違、埋め合わせる想像力を要する。次に、自分の理想へと移行する。そのときに作品の本質と乖離して評価されることもある。作品の意図を読み取る律儀な人もいれば、自分の欲望に沿うかどうかで判断する人もいる。

デカルトは意識や生得観念を見つけたが、本心というものは見つけることが出来なかった。

何度も科学はデカルトに帰るが、本心というものは脳科学でもまだ明確ではない。フッサールの間主観性の成立から、ハイデガーの現存在までの意識の整理が出来ている人なら、

この映画はハイデガーでいうところの「世人」に近いと気づくのかもしれない。

この世界には、本来性を生きる賢明な人間が存在しない。常に曇り空のような非本来性のような世間に埋没している人間像を描きだしている。何処か一歩、本来性を生きる人間のように踏み出した存在というものに、人間は期待する。その一つが登場人物の「本心」に、

模範生があることである。

本心というものは、愛よりも難しいと私は思う。本心と愛は関わり合いながらも、

それぞれ違う働きをする。例えば、私は猫のアダムがいるが、朝方に急に起こされることがある。眠くて辛いが本心でも、義務でもなく、少し遅れることがあっても必ず起きる。

愚痴をこぼすことなんかない、本当に愛していると実感している。

愛はこのように無計画である。アダムを抱きしめる描写、アダムへの扱いにカメラが回っていたのなら、そこに愛が見えるのだろう。けれども、眠そうにすぐに起きられない私の姿のみでフィルムが止まってしまったら、私の本心は疲れきったように見える。

本心というものは、短時間の判断ではあてにならないし、面白みがない。

ホモ・サピエンスの涙は、そういった人間が期待する描写が存在していない。

けれども、そこに自分の期待が見えるのだろう。信仰を持たなかった牧師が回心する

姿を望んだのなら、それが私の資質なのだろう。司式の前に二回もワインをラッパ飲みした事でも許せる。

それほど、私は聖家族を重視している、自分の意識を少し理解した。

広報の売りとは真逆な感想になるが、此処には望むものが切除されている。

しかし、その切除されたものに自分の望んでいるものが見える万華鏡だと思った。

私はこの作品は新しいリアリズムだと思っている。より近年になって個人の声や権限が見えなくなっている、SNSで騒ぐことでしか無くなった人間への皮肉なのかもしれない。良心や善を振りかざすのは、著名人や漫画だけになった。だからといって、現実の空間と左程変わらない虚構世界は楽しいだろうか? この世界は絵画のように存在し、虚構世界そのものである。そして、現実的なのだ。皆は、映されなかった先を考えない。狭い認識の中で外界を見る、こんなに自分を表しているということに気づけない。内面世界を豊にすることを忘れて生きていることを自覚出来ない。自覚していないから、この映画の意味が分からない。

今後も、本心、善悪、愛に関して掘り下げていくと思います。

軽く書いたものはtwitterにありますが、解釈が変わる場合もあります。

*デカルトの生得観念はイギリスのバークリー大陸合理論と対立。

*広告では「千夜一夜物語」のようにと記載があったが、この話だとシェヘラザードは王に

殺されるだろう。

私の可愛いアダムはこちら。

Adam! Happy second birthday.

Adam! Happy second birthday.

I love you so much.
Keep it up!

アダムの2歳の誕生日です!

あと、サイコパス診断系で有名なティックトッカ―の「ねる檸檬」さんが私のこと

褒めてくれました!ねるさんはSNS総合フォロワー19万人います!


Next, the mystery tick-tocker “Neru Lemon” paid me a compliment.

190,000 overall followers (all social networking sites)

(ねる檸檬さんのチャンネル)

https://vt.tiktok.com/ZSJ6XrEqC/

stand.fm

https://stand.fm/channels/60584c662b49b926c8417b3f

youtube

https://www.youtube.com/channel/UCh-iQalcL4ABHkWQ1JcEO9w

The White Whale and the Old Testament English Ver

“Call me Ishmael”

Herman Melville

The name Ishmael is not common in the Christian world. It seems to be treated as an abominable name
It is the name of a character in the Old Testament, as in Herman Melville’s “The White Whale”, where the narrator, who appears to be the hero, says “Call me Ishmael”.

 The White Whale seems to be of great importance to Nobel Prize winners and foreign literary greats, many of whom take up the challenge of analysing this difficult novel. Even if you’re not a literary person, Starbucks is partly named after a character in this novel. (XO Starbuck, first class)

In the Old Testament, Abraham’s (Abram’s) wife, who was 75 years old and unlikely to have children, brought a young slave woman, Hagar, to be with her husband and conceive a child.

Sarah ran away from Hagar because she was in her way and she was harsh with her. However, she met an angel of the Lord by a spring in the wilderness who told her to return to her husband. He tells her to name the child in her womb Ishmael and that he will be her brother’s enemy. (Genesis: 16)

 Sarah, in her old age, became pregnant.(Genesis: Chapter 18) Sara gave birth to the child she had conceived. He was named Isaac (Genesis: 21). Ishmael made fun of her son Isaac, and Sarah tried again to get rid of Hagar and Ishmael. Abraham heard about it and the angel of the Lord told him to do as Sarah said. Abraham gave Hagar a leather bag of water and she and Ishmael wandered in the wilderness (desert). When the water ran out, Ishmael cried out in the face of death and was rescued by the angel of the Lord.

Ishmael, the son of iniquity and the enemy of his brothers, has been a name that has not left a good impression throughout history.

It has spread mainly in the Christian world, with the exception of the Muslim world.

 In The White Whale, as in the Old Testament, the hero Ishmael (not really his name, strictly speaking) makes a miraculous return to life, and the divine trials and blessings he undergoes are shrouded in a light unimaginable to those who know the meaning of the Bible.

 The white whale (Moby-Dick), whom the sailors refer to as the devil and who has been ubiquitous but unseen for years, is found off the coast of Japan. There a terrible fight to the death takes place. All the crew, including Captain Ahab, are dragged into the water by the white whale. Afterwards, in an afterword, changing from first to third person point of view, Ishmael is told that he miraculously survived.

 Repressed by puritanical public opinion for naming an illegitimate child, the work was not appreciated at the time, but it has been appreciated in time, and the difficult book has been analised. Still, perhaps, it is difficult to see where the heroic character was loved by God, or to find the Old Testament description of God’s trials and angels during the period of his survival.

Nowadays we feel the light of the miraculous return to life, but whether life is really grace or not, today a doubtful mark is placed. At times there is a sense that reality is clouded by vague, kind words.

But when I look into the beautiful eyes of Adam(my cat) I know that life is grace.

He was named Isaac (Genesis: 21). Ishmael made fun of her son Isaac, and Sarah tried again to get rid of Hagar and Ishmael. Abraham heard about it and the angel said Abraham gave Hagar a leather bag of water and she and Ishmael wandered in the wilderness (desert). When the water ran out, Ishmael cried out in the face of death and was rescued by the angel of the Lord.

Ishmael, the son of iniquity and the enemy of his brothers, has been a name that has not left a good impression throughout history.

It has spread mainly in the Christian world, with the exception of the Muslim world.

 In The White Whale, as in the Old Testament, the hero Ishmael (not really his name, strictly speaking) makes a miraculous return to life, and the divine trials and blessings he undergoes are shrouded in a light unimaginable to those who know the meaning of the Bible.

 The white whale (Moby-Dick), whom the sailors refer to as the devil and who has been ubiquitous but unseen for years, is found off the coast of Japan. There a terrible fight to the death takes place. All the crew, including Captain Ahab, are dragged into the water by the white whale. Afterwards, in an afterword, changing from first to third person point of view, Ishmael is told that he miraculously survived.

 Repressed by puritanical public opinion for naming an illegitimate child, the work was not appreciated at the time, but it has been appreciated in time, and the difficult book has been analised. Still, perhaps, it is difficult to see where the heroic character was loved by God, or to find the Old Testament description of God’s trials and angels during the period of his survival.

Nowadays we feel the light of the miraculous return to life, but whether life is really grace or not, today a doubtful mark is placed. At times there is a sense that reality is clouded by vague, kind words.

But when I look into the beautiful eyes of Adam, my cat, I know that life is grace.
There is probably no human being who can accept that grace without being clouded by it.

His clear blue eyes make you forget that he is only three years old.

He sings for us to watch with him as the sun rises, and stares quietly at the sun. When the sun goes down, he sits at the window and watches it carefully again. He is always so kind and caring to me. I am happy to earn money because of her. I have learned the warmth of life and the importance of nurturing it.

He’ s wiser and more pure than most arrogant people,

innocent as a lamb

Human beings are not the best.

We don’t even have control over our own biological systems.

There are many people who have mistaken dominion for subjugation of the earth in Genesis.

God allowed livestock to multiply, but did he require domination?

The White Whale is about the end of such people.

The White Whale was the end of such people and the grace of survival for the ignorant.

Adam

お知らせ

論文、書籍の他に自分が表現したいことがこのWord Pressなら出来そうだとのことで、自分でカスタムしました。

有料ドメインは既に持っていますが移管までに時間がかかるとのことなので(3月21日まで)、それ以降に今の

フリードメインから変更になります。旧ブログのgoogleブログは綺麗にこちらにデーターを移動出来たので削除しました。

Twitterは2020年12月25日に退会しました。理由は言いませんけどTwitterには二度と戻らないですね。

偽アカウントに注意。それは私じゃないので。

Word Press is the best site ever.

Worst of all, Word Press is better than the Japanese corporation!
It will be a success.
Thank you Word Press.

アダムは相変わらず可愛いです。アダムの動画はfacebookに主にあげています。

My cat Adam is the cutest thing ever.

ブログ移動しました。

今、Word Pressで新しくブログを作りました。

昨年は色々ありましたが、同時に色んな人に支えてもらえた年でもありました。

色んな人達に愛されていることに感謝が尽きることがありませんが、

この場を借りてお礼を言いたいです。ありがとうございました。

データーを引き継ぎ、再スタートです。

よろしくお願いします。

休暇(3)

 

 

可愛い、しっとり系。

芸術なんじゃないかなぁなんて思うほど綺麗。

#アダム #アダムフォーエバー #ラグドール

休暇(2)

 

アダムちゃんを寝かしつけるのに
今までかかった。(am 6:00)これアダムちゃんが引きずり回した段ボールね。
今日はこんなに興奮したのか謎。

でもかわいいいいいいいのでなんとも。

#ラグドール #アダム #アダムフォーエバー



アダムちゃん、可愛いから番犬ならぬ番猫になるの期待していなかったのに、空気入れ替え中に犬が吠えてるのを、カーテンに隠れて怯えながら、「にゃおん」(こっち来るなよ)と反抗して守ってくれた🥺🥺🥺 
自分より怖い存在まで抵抗してナイトにまでなってくれる、こんな人間の男おらんわ。


#ラグドール #アダム #アダムフォーエバー


毎日君と一緒

 

アダムがいることが幸せ。毎日、毎日ね。
私は色々記憶を失ったけれども、脳卒中だけじゃないのかもしれない。
成長期にアダムとの時間が楽しすぎて、仕事とアダムとで
色々忘れてしまったのかもね。
どうしてこんなに可愛い天使が私のところに
いるのだろう、なんて思うのよ。

awake or asleep i love you

 記憶の温度はすぐに失われる。失われた記憶、想起する必要性がなくなる記憶は
何処へ行ってしまうのだろう。共有していたはずの空間が私一人のものになって、私にさえも見捨てられた情報には、あの時は大事だった笑顔や私への愛があったはずだが、もう私の心臓には無いのだ。カトリックに入った喜びさえも、光があったことは覚えているが、あの時に受けた洗礼の水は、レーテーの水へと変異した。信仰と神話を区別していた私が、沢山泣きすぎて神話に取り込まれて、幻影となって私の部屋にはもうこの記憶の
破片は無い。
覚えているのは持たされた百合の花束の香り、洗礼の喜びにさようなら、さようならと何度も唱えて、愛していた気持ちを沢山殺してきて、漸く私は新しい愛を見つけた。
私は今はアダムを愛している。カトリックで見つけられなかったものは天使だった。
カテキズムに記されている天使の言葉、教会にはその言葉が生きているようには思えなかった。
Adamは私にキスをする、私が泣いていると私の涙の香りを嗅ぎながら頬を舐めてくれる。私の髪にしがみついて寝るアダム、私が呼んだ声に振りかえるアダム、
私達は心が通い合っている。私の愛、君は私の身体の一部、記憶というものは
哀しい。すぐに忘れてしまう。けれども、愛と憎しみは身体の一部になる。
だから人は悶えるのだと思う。
Adamは今までの憎しみを無意味と思わせてくれた。愛がようやく私の一部になった。
君のためなら私はなんでもするよ。愛しているよ。結局は愛しているしか言えないんだ。
沢山のキスを送るよ、君の青い瞳はどんな祈りの言葉でも得られなかった
美しさだったよ。アダム、君を愛しているよ。
ミサのときに被っていたレースを君は玩具にする、でも破いたりしない君は、
きっと分かっているんだね。
君のためなら私はなんでもするよ。結局は愛しているしか言えないんだ。
こんなに愛したことはないよ、君の鼓動、温もり、君のためなら、私は
何にだって戦える。アダム、愛しているよ。さようなら教会。
私は此処で愛を誓うよ。この小さな鼓動を一生守ると
私は愛を誓うよ。 本当に愛していて仕方がないんだ。
愛していると眠って、愛していると目覚める、
毎日そんな日々、愛しているよアダム。

追記:
キリスト教徒は意地悪ね。Facebookで一人、日本人なんだからアダムの名前を与作に変えろって言ってきたんだよ。黙ってブロックしたけれどもね、成長期に名前を覚えさせて、私が寝ずに看病したりしてこの子の名前を呼び続けて愛しているの。生き物を何だと思っているのかしらね。本当にキリスト教徒は意地悪ね。動物に心がないという教えをそのまま覚えているのね。私はキリスト教徒とは離れているよ、彼等と私はバベルの塔の崩壊後並みに言語が合わないもの。距離こそが思いやりではなくて? 

コラボ

 アダムちゃんと撮りたいけど、逃げられてしまいます。今日もそれぞれ
単体でとりました。

まず、じゃぁ私のドヤ顔コラボから

そして私の愛するアダム
アイラブユー

Notre Père


The Our Father



Our Father, Who art in heaven, 
Hallowed be Thy Name. 
Thy Kingdom come. 
Thy Will be done, 
on earth as it is in Heaven.
Give us this day our daily bread. 
And forgive us our trespasses, 
as we forgive those who trespass against us. 
And lead us not into temptation, 
but deliver us from evil. Amen.
好きだった祈りの言葉、天の花束は常に満開で私の心は穏やかだった。
さようなら、という言葉を漸く言えた。教会に属しないということは、
祈りの言葉を失うことになる。それぞれの宗派で違うからだ。
残されているのは聖書と、シェークスピアやチョーサー、追放されたダンテ、
様々な芸術家が愛したそれぞれの星の運行、詩学、そして夢想の手引き。
カトリックの儀式は素晴らしかったと思う。特に恨みもなく、怒りもないが、
事が事だけに、被害者の声を無視してまでは儀式に戻れず。それに猫のアダムを
昨年7月から飼ってから、これほど愛せるものがあるものかと思った。
真っ青の瞳、ずっと教会で天使を探していたけれども見つからなかった。
セラフィタ、セラフィトス、熾天使、きっとアダムは崇高な天使に違いない。
アダム、1歳。アダムは創世記で神様に沢山の美しい星空を見せてもらった。
ずっと、アダムはその美しい星空を見ていられる。
君はそんな子なんだよ。天使、アダムは夜空の天使なんだ。
アダム大好きだよ、永遠に。
生も死も私はアダムと過ごす。
甘えん坊の天使。
甘い香りが大好きな天使。
アイラブユー
アダムフォーエバー
ずっと一緒。
今日も、明日もずっとずっと一緒。

Adam I love you2

アダム アイラブユーソーマッチ

アモーレミオ!ティアモ!

ジュテーム! イッヒリーベリッヒ

ウォーアイニー ラブリーソーマッチベイベー等、何ヶ国語か分からない大好きを話しかけて続けていたら、アダムがそれを言ってもらうように欲しがるようになった。ウチの子既に多言語対応

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑