Cendrillon

憧れの無い
私は
何を見る?





Le hasard(偶然)か、nécessaire(必然的な偶然)か。

いつ書いたのかも
思い出せないけれど、まだこの気持ちがあるという
のは何処かに存在していることを確認する。

ゴダール:女は女である
ポランスキー:ローズマリーの赤ちゃん
例えばこういうことって無いかな?
シンデレラにはなれないと分かっているけれど
ガラスの靴の飾りは欲しい。
ゴダールにはなれないし、あの中に
いる女優のアンナにはなれないけど
あのセットのような生活をしたい。
ローズマリーの赤ちゃんのような
ラストは嫌だけどあの前半部分の
空間にはいたい。
だから、コラージュみたいに
継ぎ接ぎになりながらも
途絶えて欲しくないと思う。





コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。