vitali

「この曲は最高の一人称だ」

これ以上の感想を書こうとすると纏まらないまま何年も
過ぎてしまった。ヴァイオリンが何処かへ行こうと鳴いている
とするのなら、ピアノ(オルガン)は寄り添う無意識。

 装飾音、トリルや重音奏法、感情的に自由に動けるようで
高みを目指すために自分を制しているような音がする。

私が好きなのはオイストラフバージョンのと
定番のハイフェッツバージョンのですね。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でブログを始める.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。