Alone by Edgar Allan Poe






Alone

by Edgar Allan Poe

From childhood’s hour I have not been
As others were; I have not seen
As others saw; I could not bring
My passions from a common spring.

From the same source I have not taken
My sorrow; I could not awaken
My heart to joy at the same tone;
And all I loved, I loved alone.

Then- in my childhood, in the dawn
Of a most stormy life- was drawn
From every depth of good and ill
The mystery which binds me still:
From the torrent, or the fountain,
From the red cliff of the mountain,
From the sun that round me rolled
In its autumn tint of gold,
From the lightning in the sky
As it passed me flying by,
From the thunder and the storm,
And the cloud that took the form
(When the rest of Heaven was blue)
Of a demon in my view.

end.

詩とは暗号のようで、実は心に一番近い言語だ。
心に近いということは、願望も夢も形無き言語も、
記憶も、欲望も、妄想も、
本人が把握できているところから、
把握できていないところまで全てが
書き綴られる、純粋で崇高な文章だ。

心に一番近いので、聖書の詩編では
神への祈りの文章が繰り広げられる。
詩編を読むときは存分に心から神へと
祈ると良い。神は欲望も願望も、
その人の良心も悪意も汲み取られる。

神への祈りの言葉を裏に隠し、心の声を吐露した時に、
他者が意味が分からないとするのなら、人の気持ちは
自分の喜怒哀楽と似ているものがありながらも、
汲み取ることが難しいということである。
詩人はそれでも素直に、この心の声に耳を傾け、
執筆する。エドガー・アランポーの詩は
何処かわかるようでわからない。
分からないようでわかるという
不思議な感覚で、言えることは
英語の語感としては美しいということだ。

夫人を亡くした後の詩のようだが
孤独でありながらも、美しい旋律を見失っていないことは
彼が詩の天才だと言うことだろう。

特にMy heart to joy at the same tone;
And all I loved, I loved alone.

人とは違うことに喜びを感じ、
私は愛した。私は一人でいることを愛した。

が特に美しいと私は思う。


酒井司教、女子パウロ会、瀬戸内寂聴からも楽しんで読んでもらえた
イコノグラフはこちらで買えます。

「日常2」

 司祭と問題を起こし、ODを10月にやらかしてしまってから、自分の顔をよく撮るようになったし、色々あってか痩せて写真を撮るのが楽しくなった。一時病気かしら?と思ったが、いまどき自撮りなんてインスタでは普通だし、「目立ちたいから」と思われがちな自撮りだが別に目立ちたいと思ってもネット民族の人数を考えれば目立てるわけでもないので、気にしないことにした。それに、失礼なことを言ってしまうと、かわいらしいポエムを書いているのに顔の正体が分からないというほうが私は怖い。身分証明になって良いではないか? とは言ってもシワが出てきたらやめるし、エフェクトで撮って気のすむまで自分の顔と向き合って、気楽に生きていこうかなと思う。

以下・頂き物
バイオプログラミング・ヘアービューロン2D
本当に一度カールしたら崩れにくく、逆にグルングルンになってしまうので、
手ぐしで何回もといたぐらいです。当てれば当てるほど髪に良いとかで。

ディオールのジョイバイディオールのボディクリームと
ミスディオールのヘアミスト

プーと大人になった僕

これ、映画でも見に行きました^^。とてもかわいいです。
そして、ほっこりします。君と一緒にいる日は特別な日って
なんだかとっても心温まりますね。童心にかえるとかそんな
単純な話じゃないんですよね。今時シンプルでこんなに
可愛い話って少ないなと思います。最近のは広告で塗り固められて、
駄作を感動作みたいに偽るの多いじゃないですか。
これはそういうのが無かったので本当に聖なる領域です。
プーとクリストファーロビンの佇まいだけで純粋でイエス様がいる気がします。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でブログを始める.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。