When I had a dream

 

夢をみるとき、思い出のとき

永遠へと手をのばすとき

ただ存在しているだけのとき

グラディス・ティバー(1899~1980)

人は夢を見て、思い出から作られ、
死という永遠に手に伸ばす。
そんなまどろみも、ただの存在のひと時。
それは生きているということ、
そして夢を見ているということ。

酒井司教、女子パウロ会、瀬戸内寂聴からも楽しんで読んでもらえた
イコノグラフはこちらで買えます。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でブログを始める.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。