白鯨と旧約聖書

ハーマン・メルヴィル(白鯨)

“Call me Ishmael”

イシュマエルという名前はキリスト教圏はあまり見かけない。寧ろ忌み嫌われている名前

という扱いのようである。

旧約聖書の登場人物の名前ですが、ハーマン・メルヴィルの「白鯨」で主人公らしき語り手が、

“Call me Ishmael”「私の名前をイシュマエルとしよう」と語るところから始まる。

 ノーベル文学賞受賞者や海外の文豪にとって、この白鯨は非常に重要なようで、この難解な小説のアナリーゼに挑む人が多い。文学者でなくても、スターバックスの由来も一部、この白鯨の登場人物の名前を採用している。(副長のスターバック一等)

旧約聖書では、アブラハム(アブラム)の妻が75歳と高齢の事から、子宝に恵まれないだろうと奴隷の若い女性ハガルを夫と引き合わせ、子どもを孕ませた。

サラはハガルが邪魔になり、厳しく当たるので逃げだした。しかし、荒れ野の泉のほとりで主の御使いと出会い、主人のところに戻るように言い渡される。その時にお腹の子の名前をイシュマエルと名づけろと、兄弟の敵となると言い渡される。(創世記:16章)

 月のものがとうに無くなった高齢のサラが身籠った。(創世記18章)サラが身籠った子は出産を無事に終え、イサクと名づけられた(創世記21章)。イシュマエルが自分の子のイサクをからかったとして、サラは再度ハガルとイシュマエルを追い出そうとした。それはアブラハムに伝わり、主の御使いがサラの言う通りしろと命じた。アブラハムはハガルに革の水袋を渡し、ハガルとイシュマエルは荒れ野(砂漠)を彷徨うことになった。水が切れたときに、イシュマエルは死を前にして泣き叫び、主の御使いにより救済される。

不義の子として、そして兄弟の敵として、良い印象の無い名前として長い歴史の中、

イスラム教圏を除いて主にキリスト教圏で広まっていった。

 白鯨では、旧約と同じように主人公イシュマエル(厳密に言えば本当にその名かは分からない)は奇跡的な生還を果たすところから、彼が受けた神の試練と加護は聖書の意味を知る人間にとっては想像出来ない光に包まれている。

 船員達が悪魔と称した白鯨(Moby-Dick)は、ずっと偏在しながらも姿を現さなかった白鯨が日本の沖で見つかる。そこで恐ろしい死闘が行われます。エイハブ船長を始め、乗組員は全員白鯨に引きずり込まれてしまう。そのあとに後書きとして、一人称から三人称視点へと変化しながら、イシュマエルは奇跡的に生還したと伝えられる。

 不義の子を名前にしたと言う事で清教徒的世論に弾圧されて当時は評価されなかった作品は、やがて評価をされ、難解であるこの本は難解もアナリーゼされている。しかし、恐らく未だに、何処にこの主人公らしき人間が神に愛されていたのか、生還までの間に旧約のような神の試練と御使い的な描写を探すことが難しい。

現代では奇跡の生還に光を感じるが生が本当に恩寵であるかどうか、現代は疑問符が置かれる。漠然と優しい言葉で現実を濁している、そんな感覚が時々ある。

でも私の飼い猫のアダムの綺麗な瞳を見ていると、やはり生は恩寵なのだろうと思う。

何の濁りもなくその恩寵を受け止めている者は、人間には恐らく居ないのだろう。

この子の青くて透き通った目は、知能が3歳程度だということを忘れさせる。

日の光が昇る頃に一緒に見ようと鳴いて、静かに太陽を見つめている。そして日が沈む頃にまた、じっくりと窓辺で見ている。私への気遣いをいつもしてくれて優しい。この子がいるから稼ぐことが楽しい。命の温もりと養うことの大切さを知った。

この子はその辺の傲慢な人間より、賢くて

純粋。

人間は最高ではない。

生体系を支配も出来ない。

創世記の大地を従わせることと、支配を履き違えた人達が大勢いる。

神は家畜が増えることは認めたが支配まで求めただろうか。

白鯨は、そういう人間の末路と、

愚かな人間にも生還という恩寵を与えた。

(更なる白鯨の分析はまた時期が来たら出します)

白鯨と旧約聖書” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でブログを始める.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。