Next Work Ⅰ (English)

Nagi Tukika

The doctor said to me, “Gradually it will become possible to see. The light moved without being able to decide where to stay, and tried to create space, but the shapes were dreaming too much in my heart, and I was afraid of waking up. Outside is a nightmare, or is it possible to wake up?

 The emotional conflict inside of the shadows and the light seemed to overwhelm me.

Outline

I am left with the memory that I was blind. When I say, ” touching the world,” it’ s not a metaphor. It is a recurring memory of the day I was blind and could see for the first time. And yet, the emotion of “that day” when I could see has faded, and this memory is like a stranger.

I wonder if I’ve come back to life or am I a stranger.

On a summer’s day the painter contemplated death, and on a winter’s day the writer found the body of a musician. Fleeing footprints were burst shot by the photographer.

By the way, where you were “that day”?

From the Author.

As for my own experience, there was a six-year period when I couldn’t write since my last publication (2016). Then I structured the novel in seven chapters based on the seven days of Creation in Genesis.

Publication schedule: Winter 2022 – Spring 2023

Language: Japanese and English

English version may be requested from a translator.

I adapted this photograph to show the protagonist, who experienced a past of blindness, repeating his/her memories. “The emotional conflict inside of the shadows and the light seemed to overwhelm me“

Photo by

Corps sans Orgues et Amour (English)

Deleuze et Guattari
She had a pregnant pause that only literature could confess.

Georges Bataille, Literature and Evil



At the beginning of every Catholic Mass there is always a time of reflection about “evil”. How many of us have a clear vision of our own minds in those few minutes? The human mind is multi-layered and multifaceted. It is not easy. The Catholic Church is not a building. The agape of Jesus is the heart, and the believer is the “body”. That is why, before the Mass, the body needs to ask its heart. Its heart is yes. In self-knowledge and cognition, it “thinks” what is not thought through difference and repetition. Like the ‘introspection’ which began psychology, it kneels religiously and returns to the primitive. In 2018, I changed the word attempted suicide to “accidental” If a person who has lost the option to live comes back to life, they don’t immediately have the conditions to live. This fact also leads to the proximity of the extort, so that the additional silence is imposed on me below the surface.

 In 2019, my kitten Adam was born. His existence was a ramous light which came to me after a long time of loss only to live. He lives in innocence with his blue eyes full of light. Touching the mystery of life was a distance from death; Beginning to live in the present gave me a bud. I did not know when this Angel was planned to be born, nor did I know, as a matter of course, that this little soul was planned to be born in the past. I couldn’t wait for this happiness to come at the time. Like the sentence in Osamu Dazai’s work about “the schoolgirl“:Waiting, waiting, waiting for happiness, until at last, unable to hold back, he runs away from home.

“I can’t write any more“ 

I could not find the cause of the words that looked like Dazai or why such words were used, nor did I know how influential they were. Just as the Bible is a language of creation, so literature needs a creative, poetic language, not a plain one.  I had lost “my language” and was too tired to write even a simple sentence. It was not enough to sleep for a night or two. Then, at the end of 2020, I met someone with a beautiful voice. He had such a beautiful voice that I wanted him to read me something to try. So, from a review of Osamu Dazai, which I had been working on before my accident in 2018, I suggested that he try reading Dazai. The famous line, “ Mine has been a life of much shame “, is where we begin.

There was no visual information in the recorded reading. But his voice, beyond my hearing and the small verbal information I had, would create synesthesia. His voice was not merely a fashionable voice, it had subtleties, it had impermanence in its depths while expressing a soft personality. The story of choosing the apostles of Jesus is well known, but it seems that he did not need a man who perfectly embodied the teachings of God. Then I thought of the concept of «Corps sans organes» by Deleuze and Guattari.

First and foremost, I just wanted his voice to become a part of me. My writing world had become a machine-reader world. Vocaloids resemble the human voice, but they don’t breathe. If a human puts out a cover, respiration comes in. In the same way, his voice makes the text come alive. René Descartes’ “I think, therefore I am” also begins to exist when we are conscious that our own heart beats, but that is not always the case with art.

In the real world, we do not check whether the hearts of the people we pass are beating or not. However, art has no meaning if it is not seen in that way. If we think of the way in which we perceive damage to a masterpiece, for example, we can understand the meaning of “heart”.

Because The world of painting is a mathematically based world of proportions. All abstract painting demands this. Relying on “senses” for this means that the increase in the number of sensory blocks is only a change in the degree of intensity.

It is obvious that what constitutes I need not be my organism, but I am constituted by others, and if that were the only explanation, it would be ” Otherism ” and ” Polysemy “. I exist because of him, it is not so. But it’s a misunderstanding. Le Corps san Organes is “univocity”. Going back to the history of the apostles of Jesus, they were various. God’s love means that if the sole purpose is conversion, it can be anyone at random. If the only purpose is to convert, it can be done by force. That is unity without the love of God. Jesus did not force his apostles’ hearts by violence or brainwashing. In proof of this Judas betrayed Jesus and Peter said he did not know Him. If Jesus had been brainwashed, such things would not have happened. And as anyone who understands modern religion can tell you, liking Paul does not separate you from Jesus.

Because they are a ” Univocité ” in love (agape).

 Philosophy will go about confronting religion in the next few years, but if we trace the origins of the two, they will coexist with each other, and these two beings may also be “Corps sans

 Organs”. The confining of each party to a particular role has meant a mutual decline. The perception of God’s love will always be distorted if it remains confined to the organs. The same is true of philosophy. Philosophers who have not read the Bible are, after all, subject to Deleuze’s “bêtise”. Various possibilities of combination must be sought for new junctions.

Deleuze and Guattari may also have embodied the «Corps san Organes». The two contrasts became a rhizome between linkage and separation, (a rhizome eternally identical) and succeeded in ” exist ” in a way that I can now hold in my hands. Philosophy is not a mere inorganic treatise. It gives pleasure to reason and intellect from generation to generation. It must be the same with the love of God.

The quotes I have chosen are all words of love and light. The destination of the world of writing is not to change people. It is about empowering people to think. Words empower people in all kinds of ways. Words and silence, gazing into the abyss in silence. His abyss and mine are not connected. But we will become one.

Recently, God blessed you, he told me.

“God bless you” is a phrase I hold very dear. I said it to a friend who died in absurdity, and God blessed him. I have chosen it so carefully that I have never neglected it. Now, I let him(boyfriend) read them because I sincerely wanted to give him my blessing. And even the days when I don’t want to think of anything, when I’m too tired to think of anything, even in the dark, because I haven’t planned for a long time, but I love you.

God bless you.

We are feeble but strong.
We have the poorest talent.
Just until the day we can be in the past tense.
God bless you.

器官なき身体と愛

ドゥルーズとガタリ
「彼女には文学にしか吐けない沈黙を持っていた」
ジョルジュ・バタイユ 「文学と悪」


 カトリックのミサの始まりに、必ず自分の「悪」を見つめなおす時間がある。そこで見つめなおす間、本当に自分の心を明確に捉えられている人はどれ程いるのだろうか。人の心は多層的で、多義的である。そう容易ではない。カトリックの教会というものは建物を意味していない。イエスというアガペーが心であり、信者が「身体」である。だからこそ、ミサの前に「身体」が自分の心に問う必要がある。その心はイエスである。自覚と認知の中で、差異や反復によって思考されていないものを「思考する」。心理学の始まりであった「内観」のように、宗教的に跪いて原始に返るのである。

 2018年、私はこの年の事実を伏せて「事故」と語る。2021年は思い返す頻度が極力減ったが、生きる選択肢を失った人間が生き返るとして、すぐに生きる条件が揃うことはなかった。この事実で強請る人間も出てくるので水面下で私は更なる沈黙が課せられる。

2019年は猫のアダムが来た。この子の存在は生きることだけが無駄に長くなった私にとっては差し込んだ光明だった。青い瞳に光を溜め込んで、無垢に生きる。生命の神秘に触れることは、死から遠ざかることになった。今から生きようとする始まりは、私に芽吹きを与えた。いつからこの子は生まれる計画があったのか、過去に遡っても、当然のごとく、この小さな魂が生まれる計画を知らなかった。私はこのように幸福が来ることを当時は待てなかった。女生徒の一文のように「幸福を待って、待って、とうとう、こらえきれずに家を飛び出してしまう」――「書けなくなったから」太宰にも似たその台詞は、その原因や、何故その言葉が出てきたのかは誰の影響か、蜷局を巻いていた。聖書が創作の言葉というように、文学にも平素ではなく創作、詩学的な言葉が必要となる。私は「自分の言語」を失い、平素な文章ですらも疲れて書けなかった。一晩、二晩寝ればよいというものでもなかった。そんな中に2020年の終盤に声が綺麗な人に会った。あまりにも綺麗な声だったので、試しに何か読んでほしいと思った。そこで2018年の事故前に手をつけていた「太宰治」の批評から、「太宰を読んでみて」と持ち掛けた。有名な台詞、「恥の多い生涯でした」そこから私達は始まる。

録音される朗読に視覚情報がなかった。しかし彼の声は私にとっては、聴覚と少ない言語情報以上に、共感覚が生まれようとしていた。それは色や音楽、香りさえも引き連れてくる。

彼の声には単なる流行りの声ではなく、声に機微があり、優しい人柄が表れている中で奥底に無常があった。イエスの使徒選びの話は有名だが、神の教えを完璧に体現出来ている人間は要らなかったようだ。そしてドゥルースとガタリの「器官なき身体」という概念を思い返した。まず単純に彼の声が私の一部になれば、と思った。私の文章世界は、いつしか機械朗読のみになっていた。ボーカロイドは人の声に似ているが、呼吸が無い。人間がカバーすると呼吸が入る。それと同じように彼の声で文章が生きてくる。

デカルトの「我思う故に我あり」は自分の心臓が動いていると自覚することでも存在が始まるが、芸術はそうとは言い切れなかった。現実の社会では、行き交う人の心臓が動いているかどうかを確認することはない。けれども芸術というものは、そのように目に留まらないと意味がなかった。例えば名画が破損する、それをどのように捉えるのか、それを考えれば「心臓」の意味が分かるだろう。絵画の世界は比率という数学の世界である。どんな抽象絵画にもそれは求められる。それを「感覚」だけに頼るということは感覚のブロックが増えることは強度の度合いが変化するだけのものになる。

私を構成するものは私の器官である必要がないというのは一目瞭然だが、他者によって構成される、それだけの説明だと「他者論」「多義性」となってしまう。彼によって私が存在する、そうではないのだ。器官なき身体は「一義性」だからだ。イエスの使徒の話に戻るが、イエスの使徒は多様性に富んでいた。神の愛とは、改宗のみの目的なら適当に誰でも良いのだろう。改宗のみなら力づくで強いれば良いからである。それは神の愛を無視した統一である。イエスは使徒の心に暴力的や、洗脳で強制はしなかった。その証にユダはイエスを裏切り、そしてペトロはイエスを知らないと言った。イエスが洗脳であるのなら、そのような事は起きなかった。そして現代の宗教を理解している人なら分かることだが、パウロを気に入ったからといって、イエスと切り離すことはない。

彼等は愛(アガペー)で繋がった「一義性」だからである。

哲学の今後は更に宗教と対峙しながら進んでいくが、源流を辿れば、お互いは一蓮托生のようなもので、この二つの存在もまた「器官なき身体」なのかもしれない。それぞれの部分を一定の役割に閉じ込める、それはお互い衰退を意味してきた。器官に囚われた認識のままでは、神の愛の認知は常に歪められる。哲学も同じである。聖書を読んだことがない哲学者というものは、結局のところドゥルーズの「愚鈍」が付きまとう。多様な組み合わせの可能性は、新たな接合を求めていかなければならない。

ドゥルーズとガタリも「器官なき身体」を体現したのだろう。対照的な二人は連結と分離の間にリゾーム(永遠に同一的な根茎)となって、今の私が手にとっていられるような「存在」に成功した。哲学は、単なる無機質な論文ではない。世代を超えて理性と知性に喜びを与える。それは神の愛も同じでなければならない。

 彼に読ませるものは、いつも何処か、愛と光がある言葉ばかりを選んできた。文章世界の向かう先は、人を変えることではない。人の思考に力を与えることである。言葉はありとあらゆる方法で人に力を与える。言葉と沈黙、沈黙の中で深淵を見つめる。彼と私の深淵は繋がることはない。けれども、私達は一義性になるのだ。

最近、「神の祝福を」と読んでもらった。

「神の祝福を」私がとても好きな言葉だ。不条理で亡くなった友人にも、神の祝福があったと語った。それほど私はこの言葉を慎重に選び、軽視したことがない。彼に読ませたことは、心から彼に祝福を与えたかったからだ。そして何も考えたくない日も、疲れて何も思い浮かばない暗闇の中でも、永い計画性もなく愛している。

ーーーーーーー

処女作品の「Pangaea Doll」を器官なき身体と評価された。

Oscar Wilde, The Happy Prince (English)

"Bring me the two most precious things in the city,"
The Happy Prince- Oscar Wilde

Prometheus took the fire from the heavens and gave it to humanity. For that, Zeus punished him. Both he and Jesus loved the human. In Greek mythology and in Jesus, the divine beings who gave their love to mankind were punished. The Happy Prince would be Wilde’s most Christian work, with the hope of converting him to Catholicism. Retarded on his way to Egypt, the swallow attempted to rest at the feet of the prince’s statue. Then the statue of the prince wept――.

The reason the swallow was 6 weeks after the others was because he was in love.

He asked her Shall I love you? She nodded yes. “Will you come away with me?” he said finally to her; but the Reed shook her head, she was so attached to her home. She was making out with the wind. The swallows said goodbye and went away.

Before his birth, the prince was beautiful like an angel. He was called the ” Happy Prince ” and became a statue. The prince, who did not know the outside of its walls, passed away happy.

When the prince found himself outside the walls, he despaired of the poverty and lowliness of the world. The prince asked the swallows to take to the poor the jewels and gold which decorated him.

At last, the prince had nothing left to give. The swallows were exhausted. The swallow finally kissed the prince and they both died. The prince’s body was melted, but for some reason his heart was not melted, so that he was discarded with the corpses of the swallows. God said, “Bring me the two most precious things in the city,” An angel picked the two souls and led them to the kingdom of heaven. In the picture books I read in my childhood, the love of swallows in the first half of the story and the Christianity of the last half were omitted.

The scene of poor people on a winter day reminds us of Andersen “the little match girl”, but the happy prince has a match-selling girl. The last person the swallows give the gold foil to is the matchgirl. Swallows are monogamous and raise their youngsters in couples. Swallows transport their food over 100 times, so this story makes ecological sense.

It is believed that the prince, who had never known outside the walls, died and never became an adult because he remained a prince, a title he held. Oscar Wilde also refers to children’s sacredness in his other book, The Selfish Giant. The giant had a lovely garden among its walls. With the giant gone, the children came to play. When the giants found them, they sent the children away. Then Spring stopped coming to the garden. The giants let the children in. This suggests a profound belief that children will go into the kingdom of heaven, as we have read in Matthew 18:3-5.

If you imagine a swallow flying around for the poor, the image recalls a street and a space. Time is a space, the analogy of Bergson appeared to indicate. Time is not linear, nor is it ephemeral. The flight of the swallows is repetitive, linear, planar. The swallows and the prince lived in an interior time different from the “exterior” time of the adults who had the prince who had lost his ornaments. Their kind-hearted deeds are different from the regular time. It is durée pure; They lived in the ambivalence of transmutation and preservation. How difficult and costly it is to love a human being. This is demonstrated by the description of the impoverished town and its inhabitants.

The prince was wealth itself. It was too big to share with the people. That’s why he needed the little swallows to get past a like needle hole. As it is more difficult for the wealthy to enter the kingdom of heaven than to go through the eye of a needle (Matthew 19:24), they begin their preparation for the narrow gate. (Luke 13:23,24) But the prince said to the swallows that misery was not a mystery. They will be carried by angels.

A most beautiful soul.

When the pure presence of the soul appears in the world of writing, a light comes into view.

It was as if, with the association of dawn in the mind, the beautiful sunrise revealed the presence of God. That the self-serving dialogue of the poor streets would fade into the distance;Our immersion rises into the kingdom of heaven.

When I was a little girl, I never wanted to be a stopped swallow;I wanted to be the swallow that ignored the prince and flew to warmer ground. But I realized what it meant to be a swallow that had nowhere else to fly but Sacred love.I thought of the Japanese words of prayer before Communion: Leaving you behind, who will I go to?

Bergson

Oscar Wilde – The Happy Prince

Bible Christianity 

備考(Note)

Leaving you behind, who will I go to? Japanese Mass

my soul shall be healed English Mass

参考資料 Reference

『Brief Lives: Oscar Wilde』by Richard Canning Hesperus Press Ltd.

Essai sur les données immédiates de la conscience Henri-Louis Bergson

幸福の王子 オスカーワイルド

「もっとも美しい魂を持ってきなさい」

オスカーワイルド「幸福の王子」

火を人類に分け与えたプロメテウスはゼウスから罰を受けた。彼もイエスも人間を愛していた。ギリシャ神話もイエスも、人間に愛を与えた神聖な存在は罰を受けた。「幸福の王子」はカトリックへの改宗を希望としたワイルドの最もキリスト教的な作品と言われる。エジプトへと行き遅れたツバメは、王子の像の足元で休もうとしました。すると、像である王子が泣いていました――。

ツバメが他のツバメよりも6週間も遅れたのは、ツバメは恋をしていたからだ。相手はReed(葦)でした。Shall I love you(君のことを好きになってもいいかい?)と始まった恋、彼女はうんと頷きました。一緒に遠くへ行かないか、というと彼女は首を横に振りました。風と浮気性の彼女、ツバメは彼女に別れを告げて旅立ちました。金の銅像の王子は生まれ変わる前は天使のような存在でした。塀の外を知らない王子は、幸福のまま死にました。彼は「幸福の王子」と呼ばれ、銅像になった。塀の外を知った王子は世の貧しさと卑しさに絶望していました。王子は貧しい人達に自分を飾り立てている宝石や金をツバメに運んでもらいました。

王子はやがて与えられるものが無くなりました。ツバメも疲れきっていました。ツバメは王子に最期のキスをして、二人は死にました。王子は溶かされて新しい銅像となりますが、心臓だけは溶けなかったのでツバメの亡骸と一緒に捨てられました。それを、天使が拾って天の国へと連れていきました。

 私の幼少期に出回っていたものは、前半のツバメの恋と終盤のキリスト教色が省略されていた。それでも献身的な王子とツバメの姿は日本人にも人気がある童話である。何処となく、冬の日の貧しい人達、という光景がアンデルセンの「マッチ売りの少女」を思い出させるが、幸福の王子にはマッチ売りの少女が存在する。ツバメが最後に金箔を与える相手が、

マッチ売りの少女だった。ツバメは一夫一婦制で、子育てを交互に行う。ツバメは餌を100回以上も運ぶので、この話は生態系としても成り立っている。

塀の外を知らなかった王子は、王子という称号のままなので、大人になれずに亡くなったと考えられる。オスカーワイルドは、他の作品、「わがままな巨人」でも子どもの神聖さに触れている。巨人は塀の中に立派な庭を持っていた。巨人が留守の間に子供たちが遊びに来ました。巨人はそれを見つけると子供たちを追い出しました。すると春が庭に来なくなったのです。巨人は子供たちを受け入れました。それは、マタイによる福音書 18:3-5にあるように、天の国に行けるのは子どものような存在ということを深く信じていたと考察される。

 ツバメが貧しい人達へ飛びまわる姿を想像すれば、そのイマージュは街並みを、そして空間を思わせる。ベルクソンでいう、時間という空間の例えになりそうだった。時間は線上でもなく、刹那的なものでもない。ツバメは反復し、直線、平面を描く。飾りを失った王子を処分する大人たちの「外側」とは違った内面時間をツバメと王子は生きていた。

彼等の心優しい行いは、規則的な時間とは違う。純粋持続(durée pure)とでもいうのか、

転変と保存という両義的な中で彼等は生きていた。人間を愛するということが如何に難しくて、代償を必要とするのか。それは貧しい街と人々の描写で表れている。見下ろせるほど高い場所に存在する王子様の愛は、隙間を入れる小さなツバメを必要とした。王子様は富の象徴だったので、分け与える必要があった。裕福な者が天の国に行くことは針の穴を通るよりも難しい(マタイの福音書19章24)とあるように、彼等は狭き門(ルカによる福音書13章23と24節)への準備と始める。けれども王子は、悲惨 miseryは神秘mysteryではないとツバメに言った。彼等は天使によって運ばれる。

最も美しい魂として。

純然なる魂の存在というものが文章世界に現れるとき、光が視界に入り込む。

それは心の中でのことで夜明けの連想と共に、美しい朝日が神の存在を現すかのようだった。貧しい街並みの身勝手な台詞が遠のいていくことは、

私達のイマージュは天の国へと上昇する。

 私は子どもの頃は止まるツバメになりたくなかった。王子の話を無視して暖かい国へと飛んでいくツバメになりたかった。けれども、神聖な愛以外に飛んでいく場所なんてないのかもしれない、その意味に気づいた。日本語の祈りの言葉である「あなたを置いて誰の所に行きましょう」のように。

参考資料

『Brief Lives: Oscar Wilde』by Richard Canning Hesperus Press Ltd.

Essai sur les données immédiates de la conscience Henri-Louis Bergson

備考

「あなたをおいて誰のところに行きましょう」は英訳版の祈りの言葉では、

But only say the word and my soul shall be healed.「ただその言葉を言うだけで、

私の魂は癒される」となっている。多国籍ミサのときに同時に聞くと深くなる。

Das Nachtpfauenauge(English)

I was tormented not so much because I had stolen, but because I had damaged a beautiful moth. ”So that's who you are” Hermann Hesse "Schmetterlinge"(Das Nachtpfauenauge)

 A specimen of a living thing, as a butterfly, is not a living entity, but remains essential. Specimens are available both as research material and as objects of taste. For Heinrich, it was a favorite hobby. For Heinrich, it was a favorite hobby. The story is so famous that it appears in Japanese textbooks, in a chapter of Hermann Hesse’s short story “Das Nachtpfauenauge” (Schmetterlinge) (1911). The guest in the first person “I” is Heinrich Mohr, and most of the story is about the man’s memories. The book consists of nine pieces of prose on the subject of butterflies and moths by Hermann Hesse, eleven poems and one post-scriptum by writer Volker Micheles.

Heinrich started collecting butterflies and was captivated by them when he was ten years old in his second year of collection. The mere sight of a butterfly was enough to send him into a state of ecstasy and he had no choice but to keep his collection in an old cardboard box. However, his friends put them in nice display cases for specimens, and he gradually ceased to show them to his friends and began to show them only to his sister.

He succeeds in catching the rare ‘Apatura metis’. He spreads the wings and completes the specimen in a ball box. He wants to show it to the neighboring boy, his is Emile. The boy was the son of a school teacher and lived in the neighbourhood. Although its specimens were few themselves, unlike Heinrich, the specimens of Emil were magnificent. And he had a high level of expertise in the production and restoration of specimens. Heinrich was jealous of him, but he was an admirer. Heinrich showed Emil the Apatura Metis and, in the beginning, praised them. However, he noted various shoddy management practices. Then he stopped showing them to Emil. Two years later, Emil was hearsay that he had picked up “Das Nachtpfauenauge”.

Heinrich learned through hearsay that he had collected “Das Nachtpfauenauge. It was the moth that Heinrich had been pining for. He went to the house next door and knocked, but there was no answer from Emil.  He went into the room without permission to see the moth, and saw. Das Nachtpfauenauge”  This moth was so beautiful that he forgot about it and stole it. He soon came to his senses and returned the moth to his room, but it had lost its form.

When Heinrich went back to Emile’s, he found Emile telling him someone had broken his Das Nachtpfauenauge. Wishing to have attempted to restore “Das Nachtpfauenauge” to the best of its ability, but in vain. Heinrich apologized, but Emil, did not forgive him or get angry,

He said ”So that’s who you are” and He despises.

Emil said the botched management of Heinrich’s butterflies seemed like the essence of who he was.

When Heinrich returned home, his mother was kind to him, but he crushed the butterfly and moth specimens he had collected with his fingers.

The specimens of butterflies and moths existed as essences, while they had a form, but in broken them, the essence and the phenomenon became confluents. A specimen is only significant when there is a form. Emile’s argument was essential. A Specimen of butterfly preserved only by feelings and passions was unworthy of existence. ” Must be beautiful,” Heinrich understands the meaning of the word. Because butterflies and moths are dead twice. The first death for the specimen, the second death for Heinrich’s ego, He couldn’t even keep the first death alive, which would have eroded his self-worth as a collector.

When an association of ideas takes up residence in the psyche in the form of a parasite, it becomes detached and isolated in the psyche when it grows up. Heinrich never collected any more butterflies.

If he hadn’t spoken to Emile before he broke Emile’s specimens and before he entered the house without permission? the boy’s heart would have been purely in collecting butterflies.

It is impossible to come back to this passion. He won’t be able to go back.

The passion for butterflies and moths was one of the things which made Heinrich’s personality so beloved. But the personality of the beloved child always became sinful when Emil’s despised came to mind.

Where’s the broken butterflies now?

When reminded of that, he could not avoid the ugliness of his past. But it is something that is not inherently to be feared. That is how boys accumulate to become adults.

Leaving behind the touch of scales, the phenomenon beat wings and became Heinrich’s metaphysical form.

That’s just like a specimen.

ーーーーーーーーー

Philosophy “Essence” and “Phenomena”

「少年の日の思い出」


盗みを犯してしまったという気持ちよりも、自分が壊してしまった美しい蛾の姿に苦しめられていた。
そうそう、君はそういう人なの

ヘルマン・ヘッセ「少年の日の思い出」

 蝶のように生物の標本とは、生の実体ではないが本質として残る。研究としての資料でもあり、嗜好品としても存在する。ハインリッヒにとっては嗜好品だったといえるだろう。この話は日本の教科書にも載っているほど有名な話だが、ヘルマン・ヘッセSchmetterlinge「蝶」の短編集Das Nachtpfauenauge(クジャクヤママユ)」(1911年)の章である。邦題は「少年の日の思い出」となっている。一人称「私」のお客さんがハインリッヒ・モーアであり、物語の殆どがその男の思い出話である。ヘルマン・ヘッセの蝶と蛾を主題とした散文九編、詩十一編、編者Volker Michelesのあとがきによって構成されている。

 蝶の採集を始めたハインリッヒは、二年目の十歳で虜となる。蝶を見るだけで恍惚状態となり、採集をするが彼は古いボール箱に保管するしかなかった。しかし、友人達は標本用の綺麗なガラスケースに入れてくるので、彼は次第に友人らに見せるのを止めて、妹だけに見せるようになる。彼は珍しい「コムラサキ」を捕ることに成功する。展翅し、ボール箱の標本を完成させる。彼は隣の少年、エーミールに見せたいと思った。その少年は、庭を隔てたところに住んでいる学校の先生の息子だった。標本の数自体は少ないが、ハインリッヒとは違って、彼の標本は美しかった。そして彼は標本作りや修復の高度な技術を持っていて、ハインリッヒは彼を妬ましいと思いながらも、感嘆としていた。

ハインリッヒは、エーミールにコムラサキを見せたら、最初は褒めてくれた。しかし、色々と管理が杜撰なことを指摘される。それ以降、彼はエーミールに標本を見せなくなった。やがてエーミールが二年後、「クジャクヤママユ」を採取したと、耳に入る。それはハインリッヒが恋焦がれていたものだった。彼は隣の家に行ってノックをしたが、エーミールの返事がなかった。そしてあの蛾を見たいと勝手に部屋に入って、「クジャクヤママユ」の美しさに忘我し、盗んでしまった。すぐに良心に目覚めて、引き返して蛾を戻したが、蛾は形を失ってしまった。壊れてしまったのだ。

 家に帰り、母親に打ち明けると怒鳴って怒ることはなかったが、エーミールに謝罪するように言われる。ハインリッヒはエーミールの家に戻ったら、エーミールはクジャクヤママユが何者かによって壊されたと騒いでいた。彼はクジャクヤママユを最善の修復を施そうとしていたがダメだった様子が伺えた。

ハインリッヒは謝罪をするが、エーミールは彼を許すとも怒ることもなく、

「そうそう、君ってそういう人なの」

と言って軽蔑的な目で見る。

エーミールは、ハインリッヒの杜撰な蝶の管理が彼の本質かのように語った。

帰宅後、ハインリッヒは母親に優しくはされたが、今まで集めて来た蝶や蛾の標本を指で潰していくのだった。

蝶や蛾の標本は、形がある間は本質として存在していたが、壊してしまうことで本質と現象が渾然とする。概念、思惑の中に蛾の面影が溶けていった。標本のようなものは、存在でしか意味がない。エーミールの指摘は本質観取だった。気持ちや、情熱だけで保存された蝶の標本は存在価値が無かった。「美しくなければならない」ハインリッヒはまざまざとその意味を理解する。何故なら、蝶と蛾は二度死ぬのだ。標本のための死、それからハインリッヒのエゴによる死、ハインリッヒは一度目の死を生かすことすら出来なかった。それが収集家であった彼の自尊心が削られる。

観念連合の集まりが寄生という形で精神に住み着いては、成長しても精神の中で切り離されて孤立する。ハインリッヒは蝶の収集は恐らくそれ以降することはなかったようだ。エーミールの標本を壊す前、家に勝手に入る前、エーミールに声かけなかったとすれば、少年の心には純粋に蝶を採集する姿があった。あの当時の情熱に純粋に返ることも抽出することも出来ない。一度壊したものは戻らない。蝶・蛾への情熱、ハインリッヒにとっては、本来なら愛される人格の一つだった。けれども愛される少年の人格は、エーミールの軽蔑によって罪深いものとなる。誰かの許しがないという状態は、失ったのは形だけではなかった。思い返される度に、自分の過去の醜態が表れる。しかし、人間は大人になるということはそういう積み重ねである。潰された蝶や蛾は、何処へ行ったのか。鱗粉の感触を残しながら、現象は羽ばたいて、一人の人間に語られる形無き存在、形而上学になった。

それこそ標本のように。

————–

哲学のテーマ 「本質」と「現象」

コンプレックスへの参照:ジャンマルタンシャルコー

Liberation Theology and Existence.(English)

(movie: Japanese)
La vulnérabilité des choses précieuses est belle parce que la vulnérabilité est une marque d’existence.

Something of value is vulnerable and helpless, and it's beautiful. Because their weakness is a sign of their existence.

Simone Weil
La Pesanteur et Grâce(Coincidences)


“The right way to write is to write like you’re translating…The right way to write is to write as though you were translating, without adding anything”, wrote Simone Weil in a letter to Gustave Dupont.

Just as there is always an idea in the world of writing, there is also an invisible beauty in the imagery that spreads out of writing. You must see what is unnecessary, even if it is painful,The evidence for existence is inside, the scraped remains.

However, it must seize one of God’s graces: the healing of time. This is a solitary task, but mixture of emotions there is a given. I did not think much of the fact that a certain monk asked for salvation from the Catholics before it was ordained. In her difficult circumstances, she first sought help from the church. So, in contrast to Catholic doctrine, it was rejected. After her ordination, the woman remained popular for her humorous vision of human Kleshas.  An older man who respected her and was also a writer encouraged me to visit her. He said that she had written responses to a great deal of public criticism and that she would be tolerant and would accept. When I was there, I was told they would look at my manuscript, but since I was Catholic, they would not.

After the result, I kept asking myself wonder to oneself in the cold February air.

My soul crashed then, but day after day I became increasingly able to understand the situation in which I found myself in this difficult situation.

I wondered who had alienated her when the one she had asked for was not a man but a god.

Those who have not saved her in her time of need demand that the soul be reconciled.

In fact, as I did, a man in distress is in a very difficult situation, and the words that come out of his body are sometimes incoherent and You can’t judge what emerges from the body.

Can we open the door for one soul without being deceived by words and appearances?

It is not easy. People despair of being forsaken in a difficult situation because they think their soul has been forsaken. Last year the Catholic Church and the bishops helped me through a very difficult situation. If I look back, there was no benefit to them in accepting me then, but they did. When I think about what that means, I understand. I imagine myself in another parallel line, where I didn’t get the relief of being saved. Some will benefit from it and some will not.

A narrow gate, a door that rarely opens, a “crossing “.

It’s always in the fate. We would like to eliminate it as much as possible, but coincidences are created.

Always a series of “coincidences” becomes destiny.

We need the “theology of liberation” that originated in South American Catholicism.

Neither the clergy nor the laity should be the door which closes between a man in trouble and Jesus. In moments of distress, the soul makes its own record and Great reconciliation takes time for the soul.

This time is given by the Lord. The vaguely given time is inorganic, but the given time of God is sure. Knowing weakness and suffering the reconciliation of the soul, this is the time of God.

解放の神学と魂の存在

La vulnérabilité des choses précieuses est belle parce que la vulnérabilité est une marque d’existence.

貴重なものが傷つきやすく無防備なのは美しい。なぜなら、その弱さは存在の証なのだから。
シモーヌ・ヴェイユ

「重力と恩寵」偶然の章

「文章の正しい書き方は、翻訳するように書くことです……そこには何も付け加えないということです」とヴェイユがギュスターヴ・デュポンへの手紙でそう書き記した。

それは、常にイデアがあるように、文章から広がるイマージュも、見えない美の正解がある。私も無駄なものは削ぎ落とすようにしている。どんなに哀しいことがあっても、全部を書くわけにいかなかった。辛くても、何が無駄か見つめることだ。存在の証は削ぎ落とされた跡にある。しかし、それは神の恩寵の一つである「時間」という癒しを手に入れなければならないのである。孤独な作業だが、そこで生まれた喜怒哀楽は与えられたものである。

  

 ある僧侶が、出家前にカトリックに救いを求めたというのを、あまり深く考えていなかった。

窮地に陥った彼女が最初に見開いて救いを求めたのは教会にあった。それでも、カトリックの教理に反していた彼女は断られた。その人は出家後も人の煩悩に対してユーモラスな視点で人気を得ていた。 2018年の事故後、彼女を尊敬する年配から作家でもある彼女の元へ行くように勧められた。その人が言うには、今まで散々の一般人の批判に返事を書いてきて、寛容できっと君も受け入れてくれると言われた。確かに、一旦は受け入れてもらったが、私がカトリックだったので丁重に断られた。

その後、2月の寒空の下で自問自答を繰り返していた。(2019)

あの時は墜落していっただけだが、日に日に、この窮地に陥ったときに心から求めたものに対して理解は次第に出来るようになった。救いを求めるときに、それが人ではなく神だったときに、閉したのは誰だったのだろうと。窮地に陥ったときに救済しなかったものは魂の和解を要するし、次第に求めなくなる。実際に私もそうだったが、窮地に陥った人間は、切羽詰まっていて、身から出てくる言葉は支離滅裂な時もある。だからこそ、身から出るもので判断出来ない。

それでも容姿や言葉の裏に潜む魂のために私達は扉をあけられるだろうか? 

それは容易ではない。人は窮地で見捨てられたことに絶望するのは、魂が見捨てられたと思うからだ。昨年、私は窮地に陥ったときにカトリック教会と司教が助けてくれた。思い返せば、その時に私を受け入れる利点は無かったはずなのに、受け入れてくれた。

その意味を考えれば、理解出来る。狭き門、滅多に開かない扉、「すれ違い」

それは常に運命の中にある。もしも救われた場合、救われなかった平行線の世界を想像する。

それは偶然なのだ。だから受けられた者と受けられなかった者が存在してしまう。

「偶然」の連続が運命となる。人はそれを出来るだけ解消したいと思うが、偶然は生まれる。

南米カトリック発祥の「解放の神学」は必要であるとは思う。聖職者も信徒も、窮地に陥った人間とイエスの間を閉じる門であってはならない。窮地に陥ったときこそ、魂が残そうとする。傷ついた大いなる和解は時間を要する。

その時間とは神が与えるのだと思った。漠然と与えられた時間は無機質だが、神から与えられた時間は確かだった。弱さを知り、魂の和解に苦しむことは神が与えた時間である。

Die Liebende‐Rainer Maria Rilke(English)

The image of a man, a thought that I, the other, cannot imagine from its trivial aspect,I think of words that I record time and thought. If I could understand every casual look, the light that comes through the window, the changing emotions, I would feel happy. So I realize what I think is beautiful and what it means to be born. I love everything I love. I hate it, but I love it.

Chris Kyogetu

______________

Rilke’s “My darling”, Das ist mein Fenster, “This is my window”, starts with the inevitable awakening of her inner self and a look at the unconscious exterior. This is Eben bin ich so sanft erwacht… “I just woke up”, a gentle, relaxing moment, like a sprinkling of white powder.

“In the day-to-day life of a person like the window, “Bis wohin reicht mein Leben” (Where will my life reach?), and the eternity of the night and the universe, and the dream.

Ich könnte meinen, alleswäre noch Ich ringsum; (I feel that everything around me is still me), and thus loses the frontier between the interior and the exterior. Is both a bond and an obstacle to the outer world in this poem? She’s falling for him. and across the side world whereas his feelings and awareness of him as “objectivity from outside the window” But this is her reflection. Her existence is “inside” the window. Whether expectant or anxious, the waking ‘now’ is simply her being inside the open window.

I don’t know the details of the “I” relationship with that other person, but the fact that the other person is in my heart means that my beloved is not a quiet presence standing in the depths of my consciousness. My analysis of the poem is that it is a window on the outside world, without any intervention or controller (e.g. God) between ‘me’ and the ‘loved one’.

The original reality is the margin in which the poem ends. The world of empty margins, where nothing is written, exists for the poet independent of his own spirit, and when the poet enters into the spirit of a person, It ​means it changes the reader’s vison. If the window becomes special as of this day, it is a success.

It is beautiful to see the interior growth and the interior finesse.

I believe that a beautiful poem is beautiful, even in its borders. 

__________________________________________

The Lover

That is my window. A moment ago

I woke up so softly.

I thought I would float.

To where does my life extend,

and where does the night begin?

I could think that everything

were still me all around;

translucent as a crystal’s

depths, darkened, dumb.

I could also contain the stars

inside me still; so large

does my heart appear to me; so gladly

it released him away again

whom I began perhaps to love,

perhaps began to hold.

Strange, as something never-described

my fate looks at me.

For what am I laid under this

unendingness,

fragrant as a meadow,

moved here and there,

calling out at the same time and afraid

that someone will hear the call,

and determined to find my downfall

in another.

R. M. Rilke

Die Liebende ( Rainer Maria Rilke ) 訳・Chris

Das ist mein Fenster. Ebenbin ich so sanft erwacht.

Ich dachte, ich würde schweben.

Bis wohin reicht mein Leben,und wo beginnt die Nacht?

Ich könnte meinen, alleswäre noch Ich ringsum;

durchsichtig wie eines Kristalles Tiefe, verdunkelt, stumm.

Ich könnte auch noch die Sterne fassen in mir, so groß

scheint mir mein Herz; so gerne ließ es ihn wieder los

den ich vielleicht zu lieben,vielleicht zu halten begann.

Fremd, wie niebeschrieben sieht mich mein Schicksal an.

Was bin ich unter diese Unendlichkeit gelegt,

duftend wie eine Wiese, hin und her bewegt,

rufend zugleich und bange, daß einer den Ruf vernimmt,

und zum Untergange in einem Andern bestimmt.

full version (Japanese)

Die Liebende‐Rainer Maria Rilke

凡庸で一見、外観から想像できない思惑を、時間と思考を刻むように言葉で浮かべながら、何気ない眼差しが、窓を差し込む光が、移ろう感動が、全て意味を持つことが出来るのなら、私は幸せだと思う。そうやって、私は美しいと思うものも、そして生まれてきた意味も実感していた。私は全てを愛している。憎みながらも、愛している。

ChrisKyogetu「意識について」

_______________________

リルケの「愛する人」、Das ist mein Fenster「これは私の窓」という始まりは、自分の内部の目覚めと共に、意識出来ない外部への視線が必然となる。それはEben bin ich so sanft erwacht.「たった今、目覚めたばかり」と、白粉が舞うような、甘くてゆったりとした時間を感じさせます。「窓」のような人間の生活に関わっている日常を通して「Bis wohin reicht mein Leben」私の人生は何処へと届くのかと、到達しえない眼路の限界と、その限界を補うための夢想、「und wo beginnt die Nacht?」そして夜は何処から始まるのだろうと、更に夜と宇宙の無限、そして夢と誘います。

「私」はIch könnte meinen, alleswäre noch Ich ringsum;(私の周りぐるりと全てが未だ私のような気がする) と、それによって内と外との境界線を失います。

私の窓、「 eben、たった今」この窓とは、この詩の中では外の世界と繋げる存在でもあり、隔たりにもなっている。恋する彼女は外の世界を通して彼への想いや気づきを「窓の外という客観性」として具象化します。けれどもこれは彼女の内省だった。

 彼女の存在は窓の「内」にあります。期待を抱こうが、不安を抱こうが目覚めた「今」とは、ただ自分が開かれた窓の内側にいることです。

―Eindruck―

「私」と、こ の相手との関係の詳細は分かりませんが、想う相手が心の中に居るということは、愛する人とは、自分の意識の下で自分の認識している範囲の記憶を形成するが、

佇立している静かな存在では無い。この詩は 「私」と、「想い人」二人の間に何らか しらの干渉者、管理者(例えば神)を置かずに、外の世界を窓だけで表現しているというのが私の分析です。

本来の現実とはこの詩が終わった余白へと向かうことでしょう。何も書かれていない余白世界、それは詩にとっては自分の心とは関係無く存在していて、詩人が人の心の中に入るということは、読者の視界に変化を与えるということです。その日から窓が特別な存在になれば、成功なのです。内面が育つ、内面が繊細になった視界は美しい。

 美しい詩とは余白まで美しいものだと私は思います。 

2015年の推敲版

________________________________________________________________________________

リルケ:「愛する人」Die Liebende ( Rainer Maria Rilke )

これは私の窓、たった今、おもむろに目覚めたばかり。

私は宙に浮いているようだが、私の人生は何処へ向かい、

夜は何処から始まるのだろうか。

私を取り囲む全てが私のままだと思えた。

それは結晶のように深く、透明で、暗くて、無言で、

私はまだ私の中の星をつかめそうだった。私の心は広くなり、

私の心は、彼を再び手放せそうだった。

私が愛し始めたかもしれない、抱きしめたいと思ったかもしれない人だから。

私の運命は、説明のつかない、謎めいた眼差しで私を見ている。

この途切れなく続く私とは何なのだろう。

草原のように香り高く、行き交いながらゆらめいている。呼び声を聞くと恐れてしまうことは、誰かにとっては、別の場所で別れを意味することだから。

(朗読しやすいように翻訳しました)

(原文)

Die Liebende ( Rainer Maria Rilke ) 訳・Chris

Das ist mein Fenster. Ebenbin ich so sanft erwacht.

Ich dachte, ich würde schweben.

Bis wohin reicht mein Leben,und wo beginnt die Nacht?

Ich könnte meinen, alleswäre noch Ich ringsum;

durchsichtig wie eines Kristalles Tiefe, verdunkelt, stumm.

Ich könnte auch noch die Sterne fassen in mir, so groß

scheint mir mein Herz; so gerne ließ es ihn wieder los

den ich vielleicht zu lieben,vielleicht zu halten begann.

Fremd, wie niebeschrieben sieht mich mein Schicksal an.

Was bin ich unter diese Unendlichkeit gelegt,

duftend wie eine Wiese, hin und her bewegt,

rufend zugleich und bange, daß einer den Ruf vernimmt,

und zum Untergange in einem Andern bestimmt.

フルバージョンはこちら

Hymnen an die Nacht (Novalis)

感覚を持った、心ある生きる者が、身の周りに広がる空間のすべての奇跡的な現象を目の前にして、喜び溢れた光、つまりその色彩、波打つ姿、広がりゆく、その目覚めたような日々を愛さずにいられるのだろうか。

生命の内なる魂のように。

ノヴァーリス 夜の讃歌

(朗読の関係で翻訳は切りました。

朗読しやすいように翻訳しました)

Recently I have been making a video of readings.

Original text

Welcher Lebendige, Sinnbegabte, liebt nicht vor allen Wundererscheinungen des verbreiteten Raums um ihn, das allerfreuliche Licht – mit seinen Farben, seinen Stralen und Wogen; seiner milden Allgegenwart, als weckender Tag.

Wie des Lebens innerste Seele athmet es der rastlosen Gestirne Riesenwelt, und schwimmt tanzend in seiner blauen Flut – athmet es der funkelnde, ewigruhende Stein, die sinnige, saugende Pflanze, und das wilde, brennende, vielgestaltete Thier – vor allen aber der herrliche Fremdling mit den sinnvollen Augen, dem schwebenden Gange, und den zartgeschlossenen, tonreichen Lippen.

朗読:Kouhei Yoshimura

動画編集:Chris Kyogetu

翻訳:ChrisKyogetu

#ChrisKyogetu

#朗読

#ショート動画

#ノヴァーリス

#ドイツ文学

#ドイツ観念論

#novalis

To the poorest talent (English)

My dear, I implore you, will not die. Blind affection, as it calls itself,If you die, your Vacancy will be at my side forever.
Osamu Dazai, The Defeat of Thought

 

 Butterflies passing through the sea lie on the surface of the sea. And the wings, weighed by the water, fly away. Even if the little existence by the side of death disappeared, the ocean would only stir. The scent of the waves swallows you up, and Garcia Marquez compares the sea of dead bodies with the scent of roses. The smell of the tide is mixed with the smell of the rose and the perfume of the dream rose becomes thicker with the dark at sunset.

It falls asleep, the sun’s reverie.

Only the sound of the wave remains, and reverberation attempts. Nobody goes looking for the body of the butterfly.

Just the right amount of desperation, Debussy’s music called La Mer.

2018 was the centenary of Debussy’s death,

In the end, consciousness didn’t move a finger.

Psychology is the study of life and death, and the mechanism of mind has been proven and tested many times. Even what is natural to the mind is still at the research stage.

The research is released and then buried, In our epoch, Christianity was strong in its total affirmation of life. Doctrines existed as doctrines, the assumption that God’s love existed unchecked, and yet my heart was dry.

As for love, as far as human love is concerned, it is deduced in psychology through scores and circumstances. However, he may still be interested in me, he may still look at me sexually, but an inner love is unimpeded as faith. It was more certain that this supreme thing was God’s love than man’s ever-changing love.

Believe or not believe, the condition exists as a good response apart from consciousness.

Should I ask for the love of God to heal me, or the love of a man to heal me?

I couldn’t believe it either.

First of all, I couldn’t form words with my consciousness any more, if not in fragments.

Keeping it hidden, I kept quiet about how I couldn’t write my work anymore. In the middle of all this, I lied, thinking of my dried-up love.

I took a pill mid-way through the meeting,Another day I had to take a pill before I got to the hotel.

I paid extra for the water,The shell of the drug resembled this butterfly which was never searched. All secrets lie in my belly, devouring me alone.

There was an earthquake of magnitude 6 in June 2018. The earth quaked and I had no idea what had happened. I thought I could die, but I didn’t call the guy I was dating back then.

Because it would hurt me if he walked out on me,I avoided it because I was scared of the result. I should have said goodbye before.

Ugliness and malice exist in human love but love also includes believing. Love between human beings falls and becomes sinful, but the love of God goes beyond human understanding.

Human beings believe in protection,Human beings choose their own selves rather than the love of others, but God does not.

Psychology, philosophy, this unholy notion that without this ugliness, there would be no vitality in life. We are raised by fate, so we mix them together and, blushing through our enthusiasm, we are still precious today.

Each time I repeat a bit of despair, a smile fills my face and Little by little, we become increasingly convinced of our limitations.

――The angels come and mock us because we are not so happy in heaven.

Only today, 3 years later, did I read part of the suicide note. I was writing as if I didn’t hate anyone, when I really did. And the writing was terrible.

I can understand that my language was broken and that I could not write any more. It seems like I’ve been in a desperate situation, but I couldn’t write, not just today, I couldn’t write long ago.

It was in October, always warm and damp, the day of the International Mass. I was afraid of something, afraid of something, and hate spread from one form to another.

My friend cleaned the bloodstain and Adam the cat came. So I thought he was an angel. I remembered Lucifer that day, but he was missing. Adam had many blessings. Adam, why I need him forever brings me back to that day.

We often see people who have been victimized by others reveal their worst days when they succeed. People say” ” I took revenge on those who discriminated against me, I overcame the fact that I was oppressed” Well, people usually connect to their worst days and So we stay away from the best.

Quiet tames the bad days, but the best days are crushed by the bad days,Tranquility tames the worst days, but the best days are crushed by the worst days.

On this day in 2021, I did not dare choose any part of the Bible. I chose those words by Osamu Dazai, who says that if you die, I will miss the empty space. I was under the impression that his love for me was a divine word. Perhaps this is what I wanted to hear,But I couldn’t hear that.

I’ve been helped by so many people that I don’t know who thanks everyday.

I don’t know where I’m going since the most unwise day.

And that voice reading gave a beautiful voice to my long-lost world. It has been a long and thoughtful journey. I want to rest beside this beautiful voice now, so that the worst days are far away. I want to write something that will use that beautiful voice. The butterfly has awoken from sleep. I promised you a trip, and I’ll go someplace with you.

Readers and writers

To the poorest talent

Japanese

Adam

2016 I called an ambulance for chest pains.

2017 I was constantly on stabilizers, anti-vertigo, and various medications.

2018 Words became choppy in my consciousness.

2021 Recovering on heart and liver medication.(Stop taking psychotropic medication and change to heart medication such as Vasolan )

It was Dazai Osamu who wrote this suicide note: “I can no longer write”

I had no awareness of the words, but I knew them.

It’s not that I couldn’t think about a story, it’s just that there was a time when my words went missing. I don’t mean whether it was a psychological problem or a side effect of the medicine,It took me a while to settle everything without it getting too heavy.

Even after my Catholic conversion, in some of the best days of my life but I got flash backs from that day.

For instance, when people succeed, they expose the worst days of their lives.

I declare that I am overcome.

In my best days, I can’t stop thinking back to my worst days. For me, in the past three years, there has not been one day that I have been able to really rejoice, except for Adam.

I want to reorganize my articles and, in a number of ways, reconstruct them.

Starting with him doing the readings.

I would like to thank everyone for their help. Thank you very much.

The poorest talent, from the gospel. ” Blessed are the poor in spirit”.

最も貧しい才能へ

君、たのむ、死んではならぬ。自ら称して、盲目的愛情。君が死ねば、君の空席が、いつまでも私の傍に在るだろう。
――太宰治「思案の敗北」

 海を渡る蝶は海面で休むが、水の重さで羽が重くなったら飛びはじめる。死と隣り合わせの小さき存在は消えてしまっても大海が蠢くだけだった。生きていた痕跡を知らせない死、波の香りに呑まれる、ガルシアマルケスが水死体の浮かぶ海を薔薇の香りに見立てた。潮の香りと薔薇の香りが融合する。夢の薔薇の香りは太陽が沈むと同時に闇と共に濃くなっていく、それが眠り、太陽の夢、

波の音だけを残して、残響が誘惑する。蝶の肢体を探しにいく人は誰もいない。

程よい、絶望にドビュッシーの海、

2018年はドビュッシーの没後100周年だったが、

結局、意識が指を動かすことがなかった。

過去に学んだ心理学上は生も死も研究対象で、心のしくみについての立証、検証、の繰り返しだった。心の正常が何かさえ研究段階、発表しては埋もれていく。生きることを肯定しているのが強いのはキリスト教だった。教理は教理として存在していて、神の愛は検証無く存在するという前提条件、それでも私の心は乾いていた。

愛に関して、人間の愛に関しては、心理の中では点数や状況で推測される。興味があるか、性的に見ているか、しかし、内包された愛とは信仰と同じように囚われない。この最高のものが神の愛ということは、移ろう人間の愛よりも定かだった。信じるも信じないも、その条件は意識の外に正解として存在する。神の愛に治療を頼むのか、人間の愛に治療を頼むのか、

私はどちらも信じることが出来なかった。

まず言葉が途切れ途切れにしか意識で構成できなくなった。それを隠しながら、書けなくなった事を黙っていた。その中で枯れきった愛を思い浮かべながら、嘘をつく。会議の途中で薬を飲み、ホテルに行くのも薬を飲んでから行っていた。割高の水の料金を払って、薬の抜け殻は探されない蝶のようだった。全ては腹の中、秘密は自分だけ蝕んでいく。2018年6月に震度6の地震があった。地鳴りがして、何が起きたのか分からなかった。死ぬのかもしれないと思ったが、当時付き合っていた人には電話しなかった。彼が冷めていたことを知っていて、冷たくされた場合、傷つくからだ。別れ話は早く済ませるべきだった。

人間の愛には醜悪も悪意も存在するが、愛は信じることも含まれていた。人間同士の愛は墜落し罪悪になるが、神の愛は人智を超えてくる。人間同士は我が身を守ることを考える。他者への愛より自分を選ぶ、それが人間だが、神はそうではない。自己犠牲は神に近く、理想はそれを目指すが桃源郷。人間同士の愛は、罪悪がある。心理学、哲学、神に囚われない考えは、この醜さもなければ、生きる活力にならないとする。私達は運命に育てられているのだから、それらを混合し、熱意のせいでのぼせながら、今日も人は尊い存在。

小さな絶望を繰り返すたびに、笑みが溢れて、限界に確信が近づく。死に向かうよりも蘇生法は苦しく、取り残された毎日は、波にかき消される日と待ち望む。

「天使達は天国でそれほど幸せでなかったと笑いに来る」

遺書の一部を読んだのも3年後の今日のことだった。本当は恨んでいるのに、恨んでないように書いて、文章が酷かった。言語が途切れ途切れで、もう書けない状態だったと理解出来る。切羽詰まっているだけのように思えるが、この日に限らず、長らく自分の意思すら伝えられないまま、書けなかったのだ。10月、まだ蒸し暑い、国際ミサの日だった。

何かを恐れて、何かに怯えて、憎悪が形相を超えては溢れかえっていた。

 血痕を掃除してもらい、猫のアダムが来た。だからあの子は天使だと思った。あの日の思浮かべた天使はもう居ない。この子は祝福に溢れていた。何故これだけアダムを愛しているのか、何故これだけ必要なのか、それを語ろうとすると、常にこの日に繋がっていく。人に虐げられた人間が成功すると、最低な日を暴露する光景はよく見かける。あの時、差別した人間を見返す、あの時、虐げられたことを乗り越えた、人は必ず最低の日と繋げるものなのだ。最高の日は最低の日と繋がる。だから最高を避けるようになる。

平穏は、最低の日を飼い慣らせるが、最高の日は最低の日によって押しつぶされる。

 今年のこの日は敢えて聖書の引用を選ばなかった。空席ができたら寂しいと言わんばかりの太宰治のこの言葉を選んだ。人の恋慕が神に近い言葉だと思った。恐らく、あの日はこれを聞きたかったのだろう。でもあの日は聞けなかった。

 最も愚かだった日から、私は何所へ向かっているのか分からない。誰に毎日感謝を言えばいいのか分からないほど、色んな人に助けられた。そしてこの朗読の声は、数年の私の失った世界に綺麗な声をくれた。辿ってみると、長い思案の旅だった。

最低の日が遠のくように、今はこの綺麗な声の傍で休息したい。この綺麗な声が生きる文章を書きたい。蝶は眠りから覚めた。また旅路の約束をして、何処かへ行こう。

私達、最も貧しい才能へ。

アダム

2016年 胸が痛いと救急車を呼んだ

2017年 常に安定剤と眩暈止め、色々な薬が手放せなくなった。

2018年 意識の中で言葉が途切れ途切れになっていった。

2021年 心臓と肝機能の薬で回復傾向(向精神薬の服用停止、ワソラン錠等の心臓の薬に変更)

「書けなくなった」そう遺書を残したのは太宰治だった。その言葉を意識したことはなかったけれども、知ってはいた。私は無意識の中でその言葉があったのだと思う。話が思いつかなかったわけではない、自分の言葉が消えてしまった時期があった。

あの日はそうなった。誰のせいでもなく、全てが書けなくなったからだった。

それは心の問題か、薬の副反応だったのか野暮な事は言わない。

重くならないように整理することに時間を要した。

回心をしてからも、人生の最高の日には、

あの日が戻ってくる。3年、長いようで早く済んだのかもしれない。

記事の整理も色々と、立て直したいと思っています。

朗読してくれる彼を始め、

皆さまの協力があったからです。ありがとうございました。

実は2018年のこと、もう乗り越えてます。

The Goldfinch(English)

The Goldfinch Carel Pieterszoon Fabritius

Should be a reflection of something purer.
André Paul Guillaume Gide

On 12 October 1654 an explosion in an explosive’s depot caused a large extent of casualties.

Many Dutch paintings were destroyed in the explosion, and this also damaged the workshop. One of the victims was Rembrandt’s pupil, Carel Fabritius, who was also killed in the accident. This captive bird is still alive today, even though it has lost its owner.

No doubt many people will agree that the “fate” of this painting is the reason for much of its re-evaluation.

Carel Fabritius was an Rembrandt student. His paintings have been influenced by Rembrandt. We can find Rembrandt’s influence in the way he painted light. Rembrandt’s early works show a wide range of colors, but he gradually developed a basis of brown and grey tones, with brighter colors used for the most illuminated objects. He also uses chiaroscuro, a compositional technique that clearly defines light and darkness.

Its influence is also felt by his pupil Fabritius. Overall, the work is completed in opacity, but the color contrast gives the wall a strong light. The walls are darkly shaded by the feeder and the birds as chiaroscuro,  Tarnished natural yellows create a psychological effect of light and shade. What distinguishes this painting from that of Rembrandt, in addition to choosing the bird as a motif, This is using hard paint..Like Van Gogh and the impressionists.

The bird’s background is a flat wall, but we can imagine that what the bird is watching is daylight.

By avoiding all human symbols and imagery, the bird sees the purest things. The light is reflected in her eyes and the imagination is always there. This painting, dressed in “Amor Fati” is a bird who never knew the escape.

This bird lives for a long time and is not capable of flying high.

It was the movie “The goldfinch”(2019) that made this painting instantly famous of our time.

In order to explain the film, a boy and his mother visit a museum and find themselves caught in an explosion. While they escape, the boy steals the goldfinch which has survived. Inspired by the destiny of the original painting of real life, I watched this movie in 2021 with no previous information. The film was inspired by the destiny of the original painting of actual life,and I got a sense of déjà vu from the paintings used in the film.

Had a life of his own for a film accessory. Nothing symbolic at the time, but the color palette was classic. The bird understands the light and is free from superfluous insights. It’s too far from being allowed to exist as a painting, and I’ve seen it before. During the movie, I thought so much about this painting that I didn’t remember exactly what it was about. I didn’t remember exactly what they were talking about, However, the characters began to say that it was a Dutch painting. I looked through the catalogue on the shelf in the other room, thinking maybe I saw this painting once.

In 2012, I was still watching the painting.

I placed a sticky note in the catalogue of Mauritshuis’s exhibition.

The page was “The Goldfinch”. Many Dutch paintings were produced during the boom in microscopic observation, So these are essentially specific tables. Rembrandt’s “Canticum Simeonis” was extremely bright. And Vermeer’s “Het meisje met de parel” tour. I passed by smiling faces art, smiling faces art, and found ‘Goldfinch’ in still life.

It seemed like an incomplete picture. After the human smile, the innocence of the animal, the feathers reflecting the pure light, looked even brighter. In the midst of all these still life’s, observed as the curious mind desires, there is a single and foreign imperfection.

This bird looked at the sky, far beyond the scope of the microscope. This picture was not intended to be framed. Whether it was a piece of trompe l’oeil or a case cover, the purpose of this painting is unknown. In my opinion, the exhibition was not very good, except for the “The Gold finch” and the “Canticum Simeonis” by Rembrandt.

The sound of the birds’ footsteps and the sound of its chain appear to come from a silent painting. Never has this bird been overshadowed by the trials and temptations of fate.

Imperfection, captivity and flight – these three points can strike an agreement with the infirm.

First of all, the downside of not knowing somebody didn’t make it easy for me to talk about that bird. I didn’t have the background or the information to keep it to myself.

The bird hides in the blind spot of memory, but fate so loves him that he comes back alive.

The moment I opened the catalogue, the map of the museum and the advertisements of the museum at that time fell out of the book…Kind of reminded me of a bird wing flapping.

 The way missing memories can be brought back to life is a reminder of the movement of time. Especially when it’s a sign of hope, That’s like a revelation of God.

Loved by fate, this trompe l’oeil, what is it that deceives? Even in the museum, this bird saw the light. A number of times, and through space, this bird sees the light,

I was ready to be deceived again, which made me feel like receiving the light.

Info

Translation, proofreading of past articles has not been completed. I’m finishing up this month.

I am so sorry for the late submission.

The Goldfinch

The Goldfinch:Carel Pieterszoon Fabritius
もっと純粋なものを反射しなければならない
ジッド「日記」第一巻

1654年10月12日に爆薬庫の爆発事故は大規模な範囲の犠牲を生んだ。多くの死者を出し、アトリエも巻き込まれ多くのオランダ絵画が焼失した。その中の一人の、レンブラントの弟子のカレル・ファブリティウスも事故に巻き込まれて帰らぬ人となった。この捕らわれの鳥は飼い主を失っても今も生きている。

この絵画の再評価の多くの理由は「運命」に惹かれた、という人は少なくないだろう。

 カレル・ファブリティウスはレンブラントの弟子であり、光の描き方がレンブラントの

影響があるだろう。レンブラントは初期の作品は多彩な色使いが見られるが、次第に茶とグレーの階調を基礎とし、一番光が当たるものに明るい色を置く。レンブラントはキアロスクーロという明暗を明確にする構図に惹かれていく。

この影響は弟子のファブリティウスにも見られる。全体的に鈍色で仕上げられているが、対比によって壁に強い光が当たっているように考察出来る。餌箱と鳥の背後の影が濃い。天然色の影響なのか分からないが、くすんでいる黄色が心的な光と影を作り出している。レンブラントとの違いは、宗教的な題材ではなく、鳥を選んだこと、固めの塗料を使用していることである。それは、ゴッホや印象派を連想させる。

鳥の背景は無地の壁であるが、この光の当たり方で鳥が見上げているものは日の光だと想像出来る。イタリア語でCardellinという名前のこの鳥は、カズラの実を好んで食し、イエスの受難を意味している。人間につけられた象徴、想像をよそに、もっとも純粋なものをこの鳥は見つめている。目に光が映りこんで、一瞬という瞬間に想像力が宿る。

Amor fati(運命愛)に纏われたこの絵画は、飛翔することを知らない鳥だった。

それなのに、長い時を経て生きている。

 この絵を現代で一気に有名にしたのは映画「The Goldfinch」(2019)だった。美術館に母親と二人で訪れた少年は爆発事故に巻き込まれる。少年は、逃げる際に生き残ったGoldfinchを盗みだしてしまう。元々の実在の絵画の運命をモチーフとして作られた映画だが、2021年、私はこの映画を前情報無しで見ていた。そこで使われている絵画に既視感を覚えた。映画用の小道具、という短命の運命にしては生命力があった。たかが鳥の絵ではあるが、背景の色が現代の発想で描いたわりには古典的な描写だった。光を理解していて、余計な思想が無い。絵画一枚として存在するにしては構図が右に寄っている、それにやはり見たことがあった。映画の話が頭に入って来ないほど、この絵のことばかり考えていて、登場人物達がオランダ絵画と言いだしたので、もしかしたら一度見たことがあるかもしれないと、別室の本棚から図録を探した。

2012年、私はこの絵をやはり見ていた。

マウリッツハイツ美術展(2012)の図録に付箋を貼っていた。そのページが「The Goldfinch」だった。オランダ絵画は顕微鏡等で観察がブームだった時代のものもあり、基本は精密な絵画が多い。レンブラントの「シメオンの賛歌」は圧倒的な異才を放っていた。フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」目当てに美術館のコースが決まっている。人間の笑った顔、笑った顔の作品を素通りしながら、静物画のエリアで「The Goldfinch」を見つけた。

それは未完成のような絵画だった。人間の笑みの後に見ると動物の持つ邪の無さ、純粋な光を反射している羽は余計に輝いて見えた。探求心の欲しいがままに観察された静物画の並ぶところに、一枚の不完全が存在している。顕微鏡で覗けない距離に、その鳥は空を見上げていた。この絵は額に入る予定ではなかった。トロンプ・ルイユ(だまし絵)の一枚か、もしくはケースの蓋だったのか、正体は不明である。正直、この絵画展の評価は低かったが、この鳥の絵とレンブラントの「シメオンの賛歌」だけ良かったと感想を残している。

音を持たない絵画に、鳥の足音、鎖の当たる音の想像が混ざる。この鳥は運命のいかなる試練や誘惑にも消されることがなかった。不完全、捕らわれの身、飛べる存在、この3点は不自由な人間の心を打つのかもしれない。名作と思いながら、この絵画を語る機会がなかった。

まず、誰も知らないというのは不自由さ、語りだすことが難しい。

自分で秘めるにしても、経験と情報が少なかった。

この鳥は私の記憶の死角に潜んでいたが、運命に愛されているので生還する。

 図録を開いた瞬間に、挟まっていった館内マップと、当時の美術館の広告が本から落ちていく。それが鳥の羽ばたきの音を連想させた。消えていた記憶が蘇るとは、時間の動きを感じさせる。特に、それが希望に繋がる場合は、神の啓示にすら思えた。光を享受する力がある生き物の、その瞳の向こうには美しい世界が広がっている。

鎖で繋がれた鳥は、自由の代わりに特定の誰かの愛を受ける。この鳥を愛している人間の眼差しを想像すると、外も悪いものではないのかもしれない。この鳥に餌を与えていたのは誰だったのか、この鳥は多くの時間と空間を超えて、いつも光を見ている。

運命に愛されたこのトロンプ・ルイユ(騙し絵)、何を欺いているのか、生命力の強さに圧倒される。もう一度騙されてもいいので、光を受けてみたいと思わせた。

The Goldfinch(2019)
原作あり

Information

From the 7th to the 30th of September, I will be reviewing the blog.

I will repeat the examination on several occasions.

The Japanese blog will be reviewed later on.

Thank you for waiting.

The style of this blog is

Post,→correct→revision→Proofreading and try to repeat.

I try to keep up with updates more frequently.

I will expand the total number of articles at a time when it is easier to be reflected in google searches.

(Probably 2022)

9月7日から30日までにこのブログの英語版のみの校正にはいります。

記事総数を増やすことを先にしたので、後で微調整という形にしました。

日本語記事はまた別の日にします。内容はほぼ変えません。

よろしくお願いします。

時間が取れなくて予定が延びました。

No longer human (English.ver)

And lastly, there's still a way to seek God in you. That is, there are ways of doing away with things that are limited. For if artists look for the face of the King in the soul of a tree, they will leave everything behind for the love of that face.
Nicolaus Cusanus-De quaerendo Deum 49

Foreword

 It would be easy to be misunderstood as an infantile mind when talking about Dazai Osamu’s ‘No longer human’, but as of 2021 Dazai Osamu is famous, but whether he ranks high or low alongside the great masters of the Showa period, (1926~1989)he is not even sure. What was his essence, after all, is still not settled. Seventy-six years after the war, here we are. I realized again that this is the allure of Dazai for me.

I hear Dazai’s collection sells well in the summer and it looks like it’s selling well now. There are those who say that his colloquial style lacks the intellectuality of the great writers. The fact that he wrote with such sensitivity about something so trivial may raise both religious and philosophical questions. His sensitivity is also characterized by the fact that his works are not full of metaphors and technical details, Instead, a series of words are used in everyday life.

I’ve grown up, the reason I mention Osamu Dazai again is that, as a Christian, I know and admire other authors whose ideals of love and life and death are quoted in Catholic newspapers, but even after two years of convalescence,I was unable to find a source of language as deep-rooted as theirs. I saw a lot of light and love, I decided that time was of the essence, considering my age and my illness.

When I said, “If I translate in English, I’ll address it to somebody who understands Dazai.” it was a declaration of my defeat and a sign of my resumption. However, I cannot write about Dazai Osamu in one article, So I will be writing about it in a number of articles.

“No longer human” and “Osamu Dazai”

The protagonist, Yozo, from childhood was a beautiful boy,It could not, however, be attributed to the contemplation of happiness and had doubts about it. Beyond its interior life, society considers it “fortunate”. The words are somewhat superficial and do not resonate with the protagonist. And as if the world around him were a Japanese honors student, he can’t find anyone who has the same problem as him. The protagonist wonders to the world if they “sleep well at night and are refreshed in the morning?”

Today, there are more and more jobs, and it is fashionable to do whatever we want, But at this time, working to eat was the norm.

Among them, the job of a writer may have been a divine revelation for a writer, even for a writer, but it was in the category of a hobby, an intellectual’s other love, a job he liked.

Yozo is not able to understand his neighbors, and his last seduction of human beings is the one of a clown. Even his parents don’t get itAs he grew, the smell of solitude attracted women.

Dazai Osamu was not baptized, but he was passionate about the Reading Bible. This is recorded in the diary of Tomie Yamazaki, with whom he committed suicide, and he also carried a Bible in his bag when he went to see his other mistress, Shizuko Ota, the source of “Shayō” , Dazai once asked Tomie what Bible quotations had made the greatest impression on her.

“No longer Human” is the posthumously written work of Osamu Dazai and is said to be a semi-autobiography written by Tomie while she was nursing Dazai.If you read Tomie’s journal, you will understand why women are attracted by the hero and why they follow Dazai. 

Dazai said to Tomie, “Why not risk your life in Love?” She learns that Dazai is grieved by the Japanese who change after World War II,  Tomie got married during the war because her family feared she was late, and her husband never went back to Manila in the Philippines. She ended up a widow. Back in the day, no one could comfort his loneliness.

In “Phosphorescence”, written on June 3rd, 1947, Dazai describes her love for Tomie and her invocation of her husband around a fictional flower, phosphorescence. The audience didn’t know where to go with her love of her husband who died in the war.

The Society has not forgiven Tomie, only Dazai, and he has accepted his love for her husband.

If he was a ” good husband” as they called him in those days, and protected the family,There wasn’t any help for Tomie,As far as she was concerned, only Dazai, a married man, understood.

Society won’t stand for it?

It’s not society. you’re the one who won’t stand for it-right?

No longer human

Japanese people are asked what their favorite part of this work is, the majority of them might quote this. Dazai’s words, “the society will not forgive you”, and the commonplace phrase,

“You’re the one that doesn’t forgive me.” he said, Focus on the personality.

The weakening of the ego through society resembles the ego of the woman of the time. The focus is on marriage rather than on love as a first step. Even when husbands are Killed in action, there is language for mistreating women. 

Yasunari Kawabata and many other experts criticized him. As a result, Dazai’s life is a life of affirmation. Dazai lives by the women who affirm him. For example, he lives in his stories.

Yozo in “No longer human” is one of them.

The image of the woman in Japanese literature is less of a Christian woman. Even if unintentionally, a man’s monologue touching a woman is both a Bataillean “invasion of beauty” of women and, on the contrary, something like caging a small bird and loving it. Sensuality and feminine females live together in a familiar colloquial text. His image of women has neither the mature sexiness of the wife in Junichiro Tanizaki’s “The Key”, nor the refined elegance of Satoko in Yukio Mishima’s “Sea of Fertility”.

Dazai’s work is the most sober of all the Japanese writers’ portraits of women. In contrast to the reality of their emotional deaths, they are sober.  Just the fact that their cheeks are stained with tender emotions, that they speak openly of death in the midst of a subject in which life and love are weighed in the balance, is another charm of the literature of Dazai’s later years.

It is impossible to express diversity in words. There is always a question of ethics when there is so much to interpret. Yet there is always no solution. Dazai is a clown of the society, he avoids to be confronted with the truth, but he writes with words that do not bind people. In him there is no doctrine of ” Love is what it should be “. They seem to have no core, “No longer human”.

God, I ask you, is non-resistance a sin?

Disqualified as a human being.

Now I have neither happiness nor unhappiness.

Everything passes.

Jesus would be saddened by this decision, which could be called pruning. There is a story that God is the farmer and Jesus is the vine. (John 15) Pruning does not mean cutting down the unwanted, but it means that Jesus, the trunk, is also grieved, representing the ” support oneself “. After pruning the tree, it produces sap. It is compared to the weeping of Jesus.

Now I have neither happiness nor unhappiness.

Everything passes.

One pruned branch thought this way. Maybe it’s the voice of the protagonist and the literary artist.

It is not clear whether Osamu Dazai and Tomie Yamazaki were simply drowning in the Bible and extending it to romance.

It is not clear whether Osamu Dazai and Tomie Yamazaki were simply drowning in the Bible and extending it to romance. But as we get older, we realize that somewhere along the line, we reach a point where we can’t make it. Some people never notice the end of their life, whilst others feel it sooner.

Most people seem to be aware of it when they get cancer or when they are told that they have only a few days to live, but the awareness of death is particularly prevalent in Buddhism.  If you were in a Buddhist school, the first message was that the “possibility of death begins already when you are born”

The lesson was not new discovery. because I had noticed it myself.

Most of us are vaguely aware of death, but most of us relegate it to the corner of our minds because we are afraid of it. If I were to read Osamu Dazai to a child, “Run, Meros” is well known, and we learn about his feelings in the author’s biography. At the time, a friend of mine once read Dazai’s biography and asked me “why he committed suicide?”.

What I answered in my childhood mind was: ” He simply accepted death”.

Naturally, it is scary to disappear from this world without notice on my own. There are some deaths that we accept, like the rest of our lives. So what about suicide, we rarely get to know the true feelings of the dead person. No matter how much is written down, we are always looking for facts that are not written in words. Even if it is written down, we cannot read it as it was written. I have always suspected that there is a dying spirit as well as a dying body. It doesn’t matter how much you write about your spiritual death, other people can’t see it. What happens when the mind becomes so tired that it forgets to seek help?

In fact, even now, 73 years after his death, no one knows what Dazai Osamu Real intention. No one can understand the feelings of a pruned branch. “No longer human” does not lie about “the society” He is without hypocrisy.

Some perhaps will deride me.

What do you mean by not having faith in human beings?

When did you come a Christian anyway?

For the writer, doesn’t loving ultimately to mean remaining a writer? If that is what the women he loved wanted, so be it. Moreover, their deaths would be anathema to Christianity in this work. Nevertheless, without the ability to look at the imperfections of people, neither religion nor literature would be possible. The man of the piece ends up in hospital, while the author dies with his mistress. Without the ability to look at the imperfections of human beings, neither religion nor literature would be possible. The reality that created their “acceptance of death” and the fact that they had to make such a choice in the life they were given.

We must not forget that Jesus wept over such a decision.

We must not forget. If God (love) does not weep

Who will weep?

Pruning should not be considered solely for the proper growth of the vine.

When I was a child, I made no mistake in accepting that ” He simply accepted death”. In fact, the ” acceptance of a painful fate ” comes to all of us at some time. Many times the mind gets tired and the heart feels dead. Yet, the mind may come back to life. The mind will accept death. Over and over again

Feeling for love or death rises and falls repeatedly. Behind the simple expression, I hope that the sound and the thought will reach somewhere with a deeper sound than at that time.

John15:1~12

I am the true vine, and my Father is the gardener.He cuts off every branch in me that bears no fruit, while every branch that does bear fruit he prunes so that it will be even more fruitful.You are already clean because of the word I have spoken to you.Remain in me, and I will remain in you. No branch can bear fruit by itself; it must remain in the vine. Neither can you bear fruit unless you remain in me.”I am the vine; you are the branches. If a man remains in me and I in him, he will bear much fruit; apart from me you can do nothing.If anyone does not remain in me, he is like a branch that is thrown away and withers; such branches are picked up, thrown into the fire and burned.If you remain in me and my words remain in you, ask whatever you wish, and it will be given you.This is to my Father’s glory, that you bear much fruit, showing yourselves to be my disciples.”As the Father has loved me, so have I loved you. Now remain in my love.If you obey my commands, you will remain in my love, just as I have obeyed my Father’s commands and remain in his love.I have told you this so that my joy may be in you and that your joy may be complete.

My command is this: Love each other as I have loved you.

人間失格と太宰治

最後にまだ、あなたのうちに神を探し求める道がある。すなわち、かぎられているものどもの除去の道がある。というのは、芸術家が木の魂のなかに王の顔を求める場合、
その御顔のために全てを捨て去るからである。 

ニコラス・クザーヌス
De quaerendo Deum49

「はじめに」

 太宰治の「人間失格」を語るとなると精神が幼いと誤解を受けやすい。2021年現在、

太宰治は有名ではあるが昭和・知の巨人と呼ばれる人達と並ぶと、地位は高いのか低いのか、それさえも彼は定まらない。彼の本質は何だったのか、結局のところ、未だに何にも定まってはいない。戦後76年も経って、これである。それが私にとって太宰の魅力だと再認識した。

太宰文庫は夏に売れると聞くが、今でもそのようだ。彼の口語調の文体に重々たる文豪に備わっている理知的なものは存在しないと言う人もいる。当たり前に存在しているものを感性豊かな文章で書いたことは、宗教的にも哲学的にも問題提起と成り得る。そして、彼の感性というのは、飾られた比喩や技巧ではなく極めて日常的に使われる言葉の羅列が多いことも特徴である。

大人になった私が再度、太宰治を取り上げるのは愛と死生観に関して、クリスチャンとして理想を知っていて、尊敬する作家は他の人であり、彼等がカトリックの新聞に引用されるような作家であり、2年の療養期間を設けたが、彼等のように根を張るほどの言葉の源泉を発掘することが出来なかったからだ。多くの光と愛を見たが、年齢と病気も考えると時間がないと判断した。

「英訳するのなら太宰が分かる人に向けるよ」と言い出したのは私の敗北宣言でもあり、再起を意味する。但し、太宰治については今回一回では書き上げられないので複数回に分けて書くことになる。

「人間失格と太宰治」

 主人公の葉蔵は幼少期から美少年だったが、幸福というものへの思索に帰結出来ず、疑問を持っていた。彼の内部を覆う外皮、人々は彼を「仕合せ」と判断する。その言葉は何処か表面的で主人公の心には響かない。そして彼を取り巻く世界が日本の優等生かの如く、彼のような悩みを持つ者が見当たらない。主人公は世間に対して、彼等を「夜はぐっすり眠り、朝は爽快なのかしら」と思いに耽る。

現代となっては職種も増え、好きな仕事をするというのが流行っているが、この時代は「食う」ために仕事をするのが当たり前だった。現代よりも、それは当たり前だった。その中でも作家という仕事は、作家にとっては神の啓示でも、道楽、インテリの他愛事、好きな仕事をしているという部類だったのかもしれない。葉蔵は隣人を理解出来ずに、人間に対しての最後の求愛は「道化」とする。父母でさえ、溶け込めない葉蔵は成長するにつれて、孤独の香りが魅惑となり、女性たちに嗅ぎ当てられる。そして、彼は女性たちの秘密を守る色魔となっていく。

太宰治は洗礼を受けていなかったが、聖書に熱心だった。それは一緒に心中した山崎冨栄の日記に記録されていて、他の愛人、斜陽の元となった太田静子に会いに行くときも聖書をバッグに入れていた。太宰は冨栄に印象に残った聖書の引用を尋ねたことがあった。冨栄は二か所の引用を答えた。

「人間失格」は太宰治の遺作であり、冨栄が太宰を看病する中執筆された半自伝と言われている。冨栄の日記を読めば、この「人間失格」の女性が何故主人公に惹かれるのか、理解出来るのかもしれない。冨栄は太宰に「死ぬ気で恋愛してみないか」と持ち掛けられたが、太宰の結核の看病に必死、愛情を独り占めするために必死にらなければならない、という現実を知ることになる。太宰が戦後の変わりゆく日本人に対して苦悩しているということを知り、女が大きなものに巻かれて生きることしかない事を盲目に受け入れていたことに自覚する。冨栄は戦時中に、家族に行き遅れを恐れられ結婚し、その夫がフィリピンのマニラで帰らぬ人となった。彼女は未亡人となった。「所帯くずし」という言葉が存在する日本、当時の彼女の孤独を癒せるものはいなかった。彼女は夫を愛していた。太宰は世間とは違い、昭和22年、6月3日に脱稿した「フォスフォレッセンス」で架空の花、phosphorescence(燐光を発すること)を中心に冨栄への愛と、夫への招魂祭を描いている。戦死した夫への愛情を何処へやったら良かったのか、富栄の鬱屈した気持ちを世間は許さなかったが、太宰だけが許し、夫への愛情も受け入れてくれた。

当時で言う「全うな夫」であり、家庭を守っていたのなら、冨栄には救いはなかった。彼女にとっては既婚者の太宰だけが理解したのである。

「世間というのは、君じゃないか」(それは世間が許さない)

人間失格 太宰治

この作品の好きな箇所はと問われれば、大多数の人がこれを引用するのかもしれない。

太宰の世間が許さないという言葉、そのありきたりの言葉に「世間が許さないのではなく貴方」と人格を浮き上がらせた。世間から削り取られていく自我と、当時の訳ありの女性たちは似ていたのかもしれない。女性は特に若ければ独身、次に家庭の中にいなければ人権が無いようなものだった。未亡人となれば、結婚を手段としてまた儀式的な再婚が待っている。川端康成を始め、彼を酷評する専門家は大勢いたが、彼を肯定してくれる女性たちによって、彼は生き始める。「人間失格」の葉蔵はその一人だろう。

 日本文豪の女性像は当然ながら、キリスト教に生きる女性は少ない。意図せずとも、男の独白が女を触ることは、バタイユ的な女性の「美の侵犯」でもあり、反して小鳥をケージに入れて可愛がるようなものでもあった。親しみのある口語文に官能と、女性の少女性が一緒に生きる。彼の女性像には谷崎潤一郎の「鍵」の奥さんのような大人の色香、三島由紀夫の「豊饒の海」の聡子のような洗練された上品さもない。もしかしたら日本の文豪が書く女性像の中で一番地味なのかもしれない。派手な心中をした現実に反して、いささか地味なのである。ただ、恋慕に頬を染め、生活と恋愛の天秤にかけられている題材の中で、死を堂々と語る、これも晩年の太宰文学の魅力だろう。

言葉で多様性は表現出来ない。倫理面で解釈のメスが沢山入ると疑問が付きまとう。けれども常に解が無い。彼等のように刹那に生きること、彼は世間の道化であり、真意を突きつけられることを避けるような文体でありながらも、人を束縛しない言葉で綴る。彼の中で「愛とはこうあるべきだ」という教理まがいなものはない。彼等には芯が無いように見られるが、「人間失格」終盤、

「神に問う、無抵抗は罪なりや」

「人間、失格」

もはや、自分は、完全に、人間で無くなりました。

いまは自分には、幸福も不幸もありません。

ただ、いっさいは過ぎて行きます

この剪定ともいえる言葉の選択にイエスは悲しんでいることになる。神は農夫でイエスは葡萄の木という話がある。(ヨハネの福音書15章)剪定とは、要らない存在を斬ることではなく、幹であるイエスも悲しんでいるという意味であり、「命の繋がり」を表している。剪定した後の木は樹液を出す。それをイエスの涙と例えられる。

「いまは自分には、幸福も不幸もありません。

ただ、いっさいは過ぎて行きます」

剪定された枝の一つはこのように思った。それがこの作中の主人公であり、文学者の肉声なのかもしれない。太宰治と山崎冨栄は聖書をロマンスに拡大解釈し、溺れただけの人間なのか定かではない。ただ年齢を重ねると分かることが、人生は何処かで「間に合わない」という地点に気づいてしまうということだ。「命の終わり」それに気づかない人もいるが、早く感じる人もいる。大半の人が癌や、余命宣告を受けて気づくことのようだが、死を意識することは仏教では特にあった。仏教の学校に居れば「生まれたら既に死の可能性は始まっている」が第一声だった。その教えを新しい発見とならなかったのは、漠然と自分もそう気づいていただけなのである。死を知っていながら意識すれば怖いと思うので、大半の人が死角へ追いやる。太宰治を子どもに読ませるとしたら、「走れメロス」が有名であるが、作者略歴で彼の心中を知る。当時、友人が太宰の略歴を読んで「何故自殺をするんだろう」と言い出したことがあった。幼心の中で答えたことは「死を受け入れただけ」だった。当然、勝手に自分が気づかない間にこの世から消えることは怖い。余命のように受け入れていく死もある。では、自死はどうなのだろうかと思うと、死んだ人の本音に辿り着くことは殆ど無い。肉体の死と他に、精神の瀕死が存在すると昔から疑わなかった。精神の瀕死具合を幾ら書き残していようが、他人は気づけない。助けを求めることも忘れる程、精神が疲れれば、どうなるのか?

どのみち、人は言葉に書かれていない事実を探してしまう。書いてあっても人は、他人は思いたいようにしか思えないから書いた通りには読めない。現に、死没73年経った今でも太宰治の本音は結局のところ誰も知らない。誰も剪定された枝の気持ちは理解出来ない。「人間失格」は「世間」というものについて、嘘はついていない。彼には偽善がないのである。

「所詮、人間に訴えるのは無駄である」

「へぇ? お前はいつクリスチャンになったんだい」

人間への不信は、必ずしもすぐに宗教の道に通じているとは限らない

 それをいつの世も、悲しむのは愛してくれる存在と、イエスであると仮定する。

作家にとって、愛するとは最終的に作家として残ることではないか。愛した女達が、そう望んだのなら、それしかない。

更に言えば、この作品も彼等の死はキリスト教としては禁忌だろう。

作品の男は病院に入院して終わるが、著者は愛人を連れて死ぬ。

それでも人の不完全さを見つめる力がなければ宗教も文学も成り立たないのは同じである。彼等の「死の受け入れ」を作り上げた現実と、彼等の与えられた生涯に、そのような選択があったことに、神も泣いているということを忘れてはならない。神(愛)が泣かないとするのなら、誰が泣くのだろうか。

剪定は、葡萄の木の良い成長のためだけだと捉えてはならないのである。

幼いころに「死を受け入れただけ」という受け答えに間違えはなかった。精神は何度も疲れ、心が死を感じる。それでも、心は生き返ることがある。心はまた死を受け入れるのだろう。何度も、何度も。

実際に「哀しい運命の受け入れ」は誰しもいつしか訪れる。

愛や死に抱く想いは、上昇と下降を繰り返す。単純な言い回しの裏で、あの頃よりも音と思惑が深く響きながら何処かへ届くように、希っている。

再起:悪い状態から立ち直ること

ヨハネの福音書15章(1~12)

わたしはまことのぶどうの木、わたしの父は農夫である。
 わたしにつながっている枝で実を結ばないものは、父がすべてこれをとりのぞき、実を結ぶものは、もっと豊かに実らせるために、手入れしてこれをきれいになさるのである。
あなたがたは、わたしが語った言葉によって既にきよくされている。 わたしにつながっていなさい。そうすれば、わたしはあなたがたとつながっていよう。枝がぶどうの木につながっていなければ、自分だけでは実を結ぶことができないように、あなたがたもわたしにつながっていなければ実を結ぶことができない。 わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。もし人がわたしにつながっており、またわたしがその人とつながっておれば、その人は実を豊かに結ぶようになる。わたしから離れては、あなたがたは何一つできないからである。 人がわたしにつながっていないならば、枝のように外に投げすてられて枯れる。人々はそれをかき集め、火に投げ入れて、焼いてしまうのである。 あなたがたがわたしにつながっており、わたしの言葉があなたがたにとどまっているならば、なんでも望むものを求めるがよい。そうすれば、与えられるであろう。 あなたがたが実を豊かに結び、そしてわたしの弟子となるならば、それによって、わたしの父は栄光をお受けになるであろう。 父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛したのである。わたしの愛のうちにいなさい。 もしわたしのいましめを守るならば、あなたがたはわたしの愛のうちにおるのである。それはわたしがわたしの父のいましめを守ったので、その愛のうちにおるのと同じである。 わたしがこれらのことを話したのは、わたしの喜びがあなたがたのうちにも宿るため、また、あなたがたの喜びが満ちあふれるためである。わたしのいましめは、これである。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互に愛し合いなさい。

WordPress.com でブログを始める.

ページ先頭へ ↑